この星の格闘技を追いかける

【Bellator191】拳を骨折したマイケル・マクドナルドが、フルマークで新天地初勝利

<138ポンド契約/5分3R>
マイケル・マクドナルド(米国)
Def.3-0:30-27.30-27.30-27
ピーター・リジェ(フランス)

マクドナルドは右前蹴り、続いて左ジャブを伸ばす。サイズで劣るリジェは右ローで体がよれ、距離を詰めることができない。マクドナルドは前に出てヒザ蹴り、そして左フックを打っていく。さらに蹴り足を払ったマクドナルドは、リジェの前進に右フックを合わせようとする。

リジェもローに右フックを振るっていくも、マクドナルドの圧を跳ね返すことができない。距離が近づくとクリンチからヒザを見せたリジェ、離れたマクドナルドは右ハイを狙う。右へ回るリジェに右を当てたマクドナルド、ローに続き右ヒザを繰り出す。これをキャッチしたリジェだが、そのままリリース。組んだマクドナルドがバックに回ったが、リジェは胸を合わせて逆にケージに押し込むことに成功する。体を入れ替えたマクドナルドは終了間際に右ストレートを打って離れた。

2R、マクドナルドのローに右を放ったリジェ。アグレッシブさが売りのリジェが、受け身のファイトに徹している。クリンチの攻防でケージにリジェを押し込んだマクドナルドは右フックを放って距離を取り直す。ここでリジェが思い切り右オーバーフックを放ち、組みつく。ウィザードのリジェに小手を決めて投げたマクドナルドは、立ち上がり際にパンチを入れ、直後にダブルレッグでテイクダウンしサイドから抑える。

リジェはマウント狙いを防ぎ、ハーフから右腕を差して立ち上がる。ウィザード&パンチのマクドナルドは離れるも、素早いパンチを見せるようになったリジェとの距離は簡単に詰めることはできない。ここでリジェが組みに行くも、マクドナルドがケージに押し込む形に。直後にリジェのヒザがマクドナルドの急所を直撃し、試合は一時中断に。

再開後、飛び蹴りから右ストレートを受けたリジェがケージ際に後退──さらに右フックを打ち込まれる。この回は明確なマクドナルドのラウンドとなった。

最終回、リジェの右ローに対し、マクドナルドは右フックを打つ。組んできたリジェをこれまでと同じように蹴字に押し込んだマクドナルドが、テイクダウンに成功する。マクドナルドはスクランブルにギロチンを狙ったが、これは極まらず。それでも直後にダブルレッグでテイクダウンに成功したマクドナルドは、リジェの足関狙いを潰してトップをキープする。バタフライガードも足を一本越されたリジェは、足を戻す。残り1分20秒、スタンドに戻ったマクドナルドが、直後にテイクダウンを決めバックを伺う。

正対したリジェ、マクドナルドはギロチンに失敗しガードを強いられる。足を一本抜いてエルボーを落とすリジェの攻撃を受け流したマクドナルドが、フルマークで判定勝ちを収めた。新天地の勝利にマクドナルドは「2Rに拳を壊し、3Rは攻めることはできなかった。だから、もうメチャな攻撃は控えたんだ。スタンドで勝ちたかったけど、レスリングをする必要があった。拳はやっちゃったけど、素晴らしい気分だよ」とベラトール初勝利を振り返った。

PR
PR

関連記事

Movie

JBJJF ALL JAPAN