この星の格闘技を追いかける

【UFN120】フェレイラが打ち合いとスクランブルで優位に立ち、マーコートをスプリットで下す

<ミドル級/5分3R>
ゼザー・フェレイラ(ブラジル)
Def.2-1 by 29-28,29-28,28-29
ネイト・マーコート(米国)

サウスポーのフェレイラがサークリング、マーコートは右のパンチを狙う構え。フェレイラが距離を詰めると、右ストレートで迎え撃つマーコート。さらにケージ際まで追い詰めるが、フェレイラも左ストレートを当てる。
フェレイラの左ハイをかわしたマーコートは、距離を詰めて右ストレート。しかしフェレイラの左ストレートがマーコートの顔面をとらえる。マーコートはテイクダウンを狙うが、フェレイラはカット。するとマーコートは右ローを放ちながら前に出る。
フェレイラは下がりながらも右ロー、左インローで自分の距離を保つ。マーコートの左ローをもらい、一瞬バランスを崩すが、すぐに立て直す。

2R、マーコートは右狙いからの左ロー。フェレイラも左インローを返す。しっかりガードを挙げているフェレイラは、左ストレートを放ちながら、マーコートのパンチはディフェンス。マーコートはダブルレッグでテイクダウンを狙うも、フェレイラはケージ際で倒れない。
再び打撃の交換に戻った両者。フェレイラはマーコートの左足へシングルレッグ。マーコートはマットに尻もちをつくが、すぐにシングルで切り返して、両者は立ち上がる。
スタンドに戻ると、フェレイラは左ハイ。蹴りをフェイントに左ストレート。手数が減ったマーコートへ左のスピニング・バックフィストを繰り出していく。
フェレイラの左インローをもらい、足が流れ始めたマーコート。フェレイラは相手をケージに追い詰め、右フックの打ち下ろし。ここでマーコートの右フックがヒット。グラつき、ケージ際まで下がったフェレイラだったが、パンチを振るってくる相手に右フックを当てる。
ここから両者はパンチを振るい合い、会場から歓声が沸き上がったところで2Rが終了した。

最終ラウンド、開始早々マーコートの左フックをもらい、態勢を崩したフェレイラは、ダウブルレッグを仕掛けてテイクダウンに成功。フルガードのマーコートにパンチを浴びせていく。ケージに押し込まれたマーコートが立ち上がったところで、互いに投げを打ち、一瞬マーコートが上を取る。しかしフェレイラは立ち上がり、シングルからリフトしてマーコートをテイクダウンするというスクランブルの攻防に、会場からは大きな歓声が送られる。
グラウンドに持ち込み、サイドを奪ったフェレイラは、マーコートの首を抱えてトップをキープ。ノースサウス・ポジションに移り、完全にマーコートを抑え込む。
起き上がろうとするマーコートの首を抑えていたが、マーコートも切り返してトップに。マーコートがパンチとエルボーを落とすと、フェレイラの額がザックリと割れ、大量の出血が見られたと同時に、試合終了のブザーが鳴った。

ジャッジ三者とも29-28の1ポイント差という接戦だったが、フェレイラがスプリットでマーコートを下した。

PR
PR

関連記事

Tokyo Int JJC

Movie