この星の格闘技を追いかける

【UFC217】新井誠介トレーナーに訊く、ガーブラントの攻防一体の強さ─02─ウィービング

Garbrandt【写真】新井トレーナーによるガープラントの強さの秘密、第2弾はウィービングについてです (C)Zuffa LLC/Getty Images

4日(土・現地時間)、ニューヨーク州ニューヨークのマジソン・スクエア・ガーデンで開催されるUFC17「Bisping vs St.Pierre」で、TJ・ディラショーの挑戦を受けるコディー・ガーブラントの卓越したボクシング技術を日本で誰よりも早く見抜いていた新井誠介トレーナーによる技術実演&解説、第2弾。


攻撃を外す時に最小限の動きで、すぐさま反撃に移ることができるフィジカル&テクニックがガーブラントの特徴という新井トレーナーに、スウェイに続き、ウィービングを分析してもらった。

■コディー・ガーブラントのウィービング

相手の左ジャブから右フックなどの攻撃に対して、ウィービングを使うがスウェイと同様にも軸が乱れず、

相手の左ジャブから右フックなどの攻撃に対して、ウィービングを使うがスウェイと同様にも軸が乱れず、

2度繰り返しても姿勢は崩れない

2度繰り返しても姿勢は崩れない

ボディバランスが優れているので、この動きが可能になり

ボディバランスが優れているので、この動きが可能になり

ここもすぐに反撃に移ることができる。「特徴して相手を追わないことも挙げられます。それが可能になるのはディフェンス技術が高いからです」(新井)

ここもすぐに反撃に移ることができる。「特徴して相手を追わないことも挙げられます。それが可能になるのはディフェンス技術が高いからです」(新井)

■ UFN217対戦カード

<UFC世界ミドル級選手権試合/5分5R>
[王者]マイケル・ビスピン(英国)
[挑戦者]ジョルジュ・サンピエール(カナダ)

<UFC世界バンタム級選手権試合/5分5R>
[王者]コディー・ガーブラント(米国)
[挑戦者]TJ・ディラショー(米国)

<UFC世界女子ストロー級選手権試合/5分5R>
[王者] ヨアナ・イェンジェチック(ポーランド)
[挑戦者]ローズ・ナマジュナス(米国)

<ウェルター級/5分3R>
スティーブン・トンプソン(米国)
ホルヘ・マスヴィダル(米国)

<ミドル級/5分3R>
ジョニー・ヘンドリックス(米国)
パウロ・ボハンチーニャ(ブラジル)

<ライト級/5分3R>
ジェイムス・ヴィック(米国)
ジョー・ダフィー(アイルランド)

<ヘビー級/5分3R>
ウォルト・ハリス(米国)
マーク・ゴビアー(英国)

<ライトヘビー級/5分3R>
ミハウ・オレキシェイジュク(ポーランド)
イオン・クテレバ(モルドバ)

<ウェルター級/5分3R>
ミッキー・ガウ(米国)
ランディ・ブラウン(ジャマイカ)

<ヘビー級/5分3R>
カーティス・ブレイズ(米国)
アレクセイ・オレイニク(ロシア)

<ライトヘビー級/5分3R>
オヴァンス・サンプレー(ハイチ)
コーリー・アンダーソン(米国)

<バンタム級/5分3R>
エイマン・ザハビ(カナダ)
ヒカルド・ラモス(ブラジル)

PR
PR

関連記事

Tokyo Int JJC

Movie