この星の格闘技を追いかける

【ACB71】中島太一、ラジモフの打撃の圧、強固のガードワークを崩せず判定負け

<バンタム級/5分3R>
トゥラル・ラジモフ(アゼルバイジャン)
Def.Def.5-0:30-27.30-27. 30-27. 30-27.29-28
中島太一(日本)

右を伸ばしながら前に出たラジモフ。中島はケージ前から回って中央へ。圧力を掛けるラジモフが右を当て、中島のローにも再び右をヒットさせる。中島のローにラジモフも重いローを返し、左ハイへ。ブロックした中島が左ジャブを伸ばす。鋭いワンツーを伸ばすラジモフは右オーバーハンドから左ミドルを蹴り込む。クリンチの攻防でラジモフをケージに押し込む中島だったが、体を入れかえられる。再びラジモフにケージを背負合わせた中島は小手投げを防ぎ、エルボーを打ち込む。

残り90秒、ヒジを入れた離れた中島に対し、アジモフが右フックからヒザ蹴り、距離を詰めて左か右を振るう。中島のテイクダウン狙いを切ったラジモフはギロチンがすっぽ抜けガードを取ると腕十字へ。中島が腕を引き抜き、ラジモフもスタンドに戻る。右フックを当てられテイクダウンを狙った中島は、これは切られたが直後に左ワキを差してテイクダウン。直後にラウンドが終了となった。

2R、右フック、右アッパーと勢いのあるパンチを見せるラジモフが右ストレートをヒットさせる。中島はサイドキックも直後に右を被弾する。ローに右を返した中島は、足を滑らせる場面もあったが、左を入れていく。ラジモフが左か右を当てるが、中島もひるまず前に出る。そこに左ジャブを2発受けた中島は右ストレートで下がると、シングルレッグへ。スイッチからバックを取りかけたラジモフに対し、中島はスクランブルで上を取り切る。

サイドを取られた状態で下から三角絞めを仕掛けたラジモフ。腕も伸ばしに掛かるが、これはタイトにはならない態勢で中島が頭を抜いてハーフで抑える。足を戻したラジモフが執拗にバタフライスイープを仕掛ける。背中をマットにつけたラジモフに果敢にパスを仕掛ける中島だが、ポイント的にはラジモフのラウンドとなったか。

最終回。額のカットにドクターチェックが入った中島に、まずラジモフが左ジャブを当てる。中島はテイクダウンに成功し、ラジモフが足を取りに来るのを防いでトップキープ。ガードからヒジを打ち込むラジモフに対し、中島はスタンドで待つ形となり、試合はスタンドに戻る。ここからクリンチの攻防となり、中島は小外掛け、続くヒザ蹴りがラジモフの急所に当たる。

再開後、ラジモフの左ジャブが中島を襲い、荒いフックの連打へ。中島も打ち返すが、ラジモフはショートのエルボーを決める。組んだ中島はクリンチから崩され、ヒザを被弾する。直後にボディロックからヒザをつかせた中島だったが、ラジモフもすぐに立ち上がる。

最後の30秒、逆転を賭けスタンド戦に挑んだ中島は右フック&ヒザ蹴りを被弾し万事休す。中島の後ろ回し蹴りはクリーンヒットせず、タイムアップに。結果、中島は0-3で敗れた。

PR
PR

関連記事

Tokyo Int JJC

Movie