この星の格闘技を追いかける

【Gladiator004】超僅差のフライ級王座決定戦。加マーク納がNavEに勝利しベルト巻く

Ka Marck No vs NavE【写真】次の試合で戦う南出がケージでリング返上、この辺りは形式ばる必要はないのではないだろうか(C)MMAPLANET

13日(日)に和歌山市の和歌山ビッグウェーブで開催されたGladiator004。新体制以降、西日本のMMA界で特別な存在感を持つようになったグラジエイターにとって、3度目となる和歌山大会のレポート第5弾は、GLADIATORフライ級王座決定戦の模様をお伝えしよう。


<GLADIATORフライ級王座決定戦/5分3R>
加マーク納(日本)
Def.3-02-1
NavE(日本)

01次の試合=メインに出場する南出剛がケージのなかで返上したベルトを賭けて戦う加マーク納とNavE。序盤のパンチの応酬から、NavEの蹴り足をキャッチした加マーク納がテイクダウン、NavEはシングルバタフライからクローズドへ。

腰を切って腕十字を仕掛けると、加マーク納は立ち上がって腕を抜き左足をガードから抜いていく。右腕を差して立ち上がろうとしたNavEを加マーク納が腹固めの要領で捉える。潰されずに腰を上げたNavEだが、加マーク納は足のクラッチを支点に落とされずに、スタンド腹固め状態でRNCを狙う場面も。その後、落とされるのを嫌い着地いた加マーク納に対し、NavEがボディロックへ。

02加マーク納はオーバーフックから糸通しで固めるが、パンチを入れることはできない。NavEは腕を振り払って胸を合わせてボディロックでテイクダウンを仕掛け、ダブルで加マーク納をケージに押し込む。加マーク納はギロチン&ジャンピングガード、NavEの首がネックロックのように垂直に。肩口を押して、加マーク納を落とすように頭を抜いたところで初回が終わった。

032R、ミドルで姿勢を乱した加マーク納の立ち上がり際にNavEが思いきり右、左のパンチを振るう。加マーク納が距離を取り直し、距離が詰まると首相撲からヒザを突き上げる。NavEがシングルからワキをすくってバックに回り込む。前方に崩してバックに飛び乗ろうとするが、加マーク納も許さない。執拗にバックコントロールを続けたNavEが、最後に尻もちをつかせた直後に2Rが終了した。

04最終回、NavEが左、加マーク納が右を当てる。振りの勢いはNavE、精度は加マーク納。頭が下がったNavEを首相撲で捉えた加マーク納がボディにヒザを入れ、右ストレートとのこびネーションで優勢に。加マーク納は右ミドルを蹴り、直後に組み付いてボディロックから崩していく。

05右を差し上げて加マーク納のヒザをマットに着かせたNavEが足をフックしに掛かる。

ここからバックコントロール&フック狙いNavEが続け、タイムアップに。両者揃って両手を広げて勝利をアピール。結果、接戦を制した加マーク納の腰にフライ級のベルトが巻かれた。

■Gladiator004試合結果

<バンタム級/5分2R>
南出剛(日本)
Def.2R0分26秒by TKO
土肥“聖帝”潤(日本)

<GLADIATORフライ級王座決定戦/5分3R>
加マーク納(日本)
Def.2-1
NavE(日本)

<GLADIATORバンタム級王座決定戦/5分3R>
角田成建(日本)
Def.3-0
渡部修斗(日本)

<ウェルター級日韓対抗戦/5分2R>
レッツ豪太(日本)
Def.3-0
イ・ヒョンソク(韓国)

<ライトフライ級(※54.4キロ)/5分2R>
宮城友一(日本)
Def.2R3分30秒by RNC
ふじい☆ペリー(日本)

<68.1キロ契約/5分×2R>
岩田啓輔(日本)
Def.1R2分27秒by TKO
大道翔貴(日本)

<バンタム級日韓対抗戦/5分2R>
竹本啓哉(日本)
Def.2R4分09秒by横三角
ファン・ソンジュ(韓国)

<バンタム級/5分2R>
平田丈二(日本)
Def.3-0
林優作(日本)

<バンタム級/5分2R>
國頭武(日本)
Def.2R1分06秒by RNC
辻川力也(日本)

<ウェルター級/5分2R>
鈴木道場長(日本)
Def.3-0
別府敬祐(日本)

<バンタム級/5分2R>
チャッピー盛坪(日本)
Def.2-1
北崎拓実(日本)

<ストロー級/5分2R>
尾崎龍紀(日本)
Def.2-0
木村旬志(日本)

<バンタム級/5分2R>
瀧口脩生(日本)
Def.2R4分44秒by ギロチンチョーク
井口翔太(日本)

PR
PR

関連記事

Arzalet

Movie