この星の格闘技を追いかける

【UFN114】計量失敗のグラッソがマルコスにスプリット判定で勝利

<女子ストロー級/5分3R>
アレクサ・グラッソ(メキシコ)
Def.2-1:29-28.28-29.29-28
ランダ・マルコス(カナダ)

グラッソは前日計量で119ポンドと4ポンド・オーバー。ファイトマネーの20パーセントを没収されランダ・マルコス戦に臨むこととなった。

ガードを高く上げてジャブ、ワンツーで前に出ていくグラッソ。マルコスは細かく構えをスイッチして、距離を取りながらパンチを返す。右ストレート・右フックを当てたマルコスが前に出ると、一旦組みの攻防へ。ここはグラッソが距離を取って、再びスタンドの攻防に戻る。

グラッソは積極的にジャブ・ワンツーを繰り出し、右ミドルから右ストレート、そして左フック。これを当ててマルコスをケージまで押し込む。マルコスは首投げを狙うが、潰したグラッソが鉄槌を落としてバックへ。正対しようとするマルコスをハーフガードで抑え込んでヒジを落とす。マルコスも脇を差して立ち上がるが、その後のスタンドの動きでは消耗が目立つ。

2R、ワンツーで突進していくマルコス。グラッソは右ミドルで迎え撃ち、ダブルレッグで組みつくマルコスを逆に押し倒してトップポジションを奪う。マルコスもすぐに脇を差して起き上がり、再びテイクダウンへ。今度はグラッソがスクランブルの攻防で競り勝ち、試合をスタンドに戻す。

右ロー、右ストレート、右ミドルで攻めるグラッソ。蹴り足をキャッチしたマルコスがテイクダウンし、ハーフガードで抑え込む。脇を差して立ち上がったマルコスだが、再び右ミドルをキャッチされてトップポジションをとられ、スクランブルの攻防の末にマウントポジションまで許してしまう。グラッソはヒジとパンチで攻め込み、マルコスがハーフガードをとった状態でラウンド終了となった。

3R、グラッソはガードをしっかりと上げてワンツー、そこから右ローにつなげる。マルコスはグラッソのパンチのうち終わりに組みついてテイクダウンを奪う。インサイドガードから細かくパンチを入れるマルコスに対し、グラッソはマルコスの身体を蹴り放して立ち上がる。

残り2分を切り、ジャブから前に出ていくグラッソ。マルコスのダブルレッグにフロントチョークを狙いつつ、距離が離れればワンツーと右ロー。マルコスのテイクダウンを斬り続けてパンチやヒザ蹴りを入れる。判定は2-1でグラッソの勝利という結果に終わった。

PR
PR

関連記事

Tokyo Int JJC

Movie