この星の格闘技を追いかける

【DWTNCS04】カスネーダが2R&3Rを取り返し、レイアロハから判定勝ち

<バンタム級/5分3R>
ジョン・カスネーダ(米国)
Def.3-0
シェイデン・レイアロハ(米国)

カスネーダのローに対し、レイアロハは右ハイを連続で狙っていく。レイアロハはシングルレッグでテイクダウンに成功、足を抜きにかかる。パンチを落としつつパスを仕掛けるレイアロハが足を一本抜いて鉄槌を打ち込む。パウンドを打つ際にバランスを崩したレイアロハ、バックを許しそうになり立ち上がる。試合がスタンドに戻ると、カスネーダに左ミドルを入れたレイアロハが組みつく。すぐに打撃の間合いに戻ると、カスネーダのシングルを切ったレイアロハが初回と取った。

2R、レイアロハが右ミドルを蹴るとカスネーダが右ローを蹴り、左ハイに続ける。レイアロハのシングルを切ったカスネーダは右を2発打って離れる。動きが落ちたレイアロハのダブルは失敗。カスネーダがボディにパンチを当て、右ローを2発蹴り込む。さらにスピニングバックフィストにダブルレッグを合わせてテイクダウン、ハーフから立ち上がってパンチを落とす。背中を譲りつつレイアロハが立ち上がると、間合いを取ったカスネーダにエルボーを打ち込む。レイアロハは左エルボーも見せるが、2Rはカスネードが取り返した。

最終回、蹴りの応酬からパンチが交錯するとカスネーダはアイポークがあったとブレイクが要求する。再開後、カスネーダは左ハイを蹴りダブルレッグへ。ケージにレイアロハを押し込む。ここを凌いだレイアロハがダブルレッグで尻餅をつかせ、トップを奪い切る。背中をつけてしまったカスネーダは残り2分30秒で立ち上がり、ボディからダブルレッグ。

スプロールしたレイアロハがバックに回る。カスネーダは前転してヒザ十字も凌がれ、バックを許す。胸を合わせたカスネーダはアンクルピックでトップを取り、バックへ。背中をつけたレイアロハにパンチを打ち込むカスネーダが優勢に。残り30秒でバックマウントを取ったカスネーダだが、レイアロハも体を捩じってエスケープし立ち上がったところでタイムアップを迎えた。

結果、カスネーダが判定勝ちを収めた。

PR
PR

関連記事

Tokyo Int JJC

Movie