この星の格闘技を追いかける

【UFC FOX25】バーゴス、抜群の見切りでペペイを圧倒。パンチを入れ続ける

<フェザー級/5分3R>
シェーン・バーゴス(米国)
Def.3-0:30-26.30-26.29-28
ゴドフレイド・ペペイ(ブラジル)

今大会に3人が出場するタイガー・シュルマン所属ファイター、その一番手のバーゴスが左ジャブを伸ばす。右を振り回すペペイが後ろ回し蹴り、右オーバーハンドに続き左フックを思い切り打っていく。と、ペペイはカニばさみを狙うもすかされスタンドに戻る。ペペイは左ジャブを当て、スピニングバックフィスト。バーゴスはシングルレッグに右ヒザを突き上げてダウンを奪うと、スタンドで待ち受ける。

立ち上がったペペイとの殴り合いを制し、左フックから右ストレートを当てて2度目のダウンを奪ったバーゴスは、ここもスタンド戦を要求。立ち上がったペペイが直ちに組みついて前方にバーゴスを崩していく。離れたバーゴスはボディにヒザをもらい、右オーバーハンドを当てられそうになる。ワンツーを被弾したペペイは、殴られながら打撃戦を挑み組みついてタイムアップを迎えた。

2R、ペペイは初回と同様に思い切りパンチを振るうが、頭を同じ場所にあり逆にバーゴスのパンチを被弾する。テイクダウン狙いから引き込んだペペイだが、バーゴスは当然のように付き合わない。それでもテイクダウン→プリングガードを見せたペペイに対し、バーゴスは鉄槌を落としてからスタンドに戻る。

勢いはあるが動きが大きなペペイのパンチは、なかなかバーゴスを捉えることはできない。そしてテイクダウンを切られて引き込むので、判定でも勝ち目はない。バーゴスは何と、ノーガードの打ち合いに応じ、ヘッドスリップから左ジャブを当てる。ペペイはここも組んで引き込み、三角を潰されパウンドを落とされた。

最終回、同じタイミングで右オーバーハンドを3発も繰り返したペペイだが、クリーンヒットはなくテイクダウンも潰される。バーゴスは左ジャブを当てて距離を詰めると、首相撲&ヒザを突き刺す。ジャブが伸びるバーゴスが右ストレートも当てる。ペペイはこれだけ空振りを繰り返しても、スタミナを切らさずシングルレッグへ。ケージを背にして防ぐバーゴスがボディに連打を入れ、ヒザを狙う。

離れたペペイに右ストレートを入れたバーゴス、続いて左ボディフックでダウンを奪う。笑顔を見せて離れたバーゴスは、立ち上がったペペイに右を思い切り打ち込む。ここで引き込んだペペイに、パウンド、鉄槌を連打したバーゴスが当然のように判定勝ちを手にし、「人生を変えたいんだ。ボーナスをくれ」とアピールした。


PR
PR

関連記事

Arzalet

Movie