この星の格闘技を追いかける

【Shooto】オニボウズ、覇彌斗のテイクダウン切り続け判定勝ち。王座挑戦アピール

<フライ級/5分3R>
オニボウズ(日本)
Def.3-0:30-28.29-28.29-28
覇彌斗(日本)

シングルに出て執拗にテイクダウンを狙った覇彌斗。オニボウズは足を引き抜きにかかるも、両足を取った覇彌斗が上を取ることに成功する。立ち上がったオニボウズだが、ヒザをボディに入れた覇彌斗がすぐにテイクダウンを取り返す。蹴り上げてから立ち上がったオニボウズ、覇彌斗の組みをギロチンで捉える。自ら背中をマットに着け、体を捩じって逃れた覇彌斗はスタンドに戻ると、2度に渡りテイクダウンに失敗する。ワンツーをテイクダウン、これも切られた覇彌斗。オニボウズは右ローを蹴りこんだところで初回が終わった。

2R、オニボウズが左ミドル、バランスを崩したが立ち上がる。覇彌斗はまっすぐダブルレッグで飛び込むも、体を捻ってオニボウズが防ぐ。しかし、次の組みで上を取られたオニボウズはすぐにスタンドへ。ローシングル、低い姿勢をテイクダウン狙いを続ける覇彌斗は打撃で間合いを掴みたい。オニボウズはそんな覇彌斗にボディストレートを入れ、ワンツーをバックステップでかわす。右を見せたオニボウズ、またも覇彌斗のテイクダウン狙いを切ると左を当てる。右フックからのシングルを切られた覇彌斗、スタミナはどこまで持つのか。それでもシングルを仕掛ける覇彌斗を跨いでかわしたオニボウズも、自ら攻める場面は少ない。そして右ローをオニボウズが蹴ったタイミングでこの回が終了した。

最終回、フックを振るって前に出る覇彌斗に対し、回って距離を取ったオニボウズ。ここも覇彌斗の突進、かわすオニボウズという鬼ごっこが続く。フェイクをかけるオニボウズに対し、覇彌斗もやや待ちの姿勢を見せる。と、右を当てた覇彌斗がダブルへ。オニボウズは身を翻して離れるとも、覇彌斗のローシングルは続く。ケージに詰めた時はクリンチでも良いと思うが、覇彌斗が徹底して下から崩そうと拘る。

ついい覇彌斗のテイクダウンにヒアを合わせたオニボウズ。覇彌斗はテイクダウンに力がなくなり、かわされると手をつくシーンも。突進にヒザを合わせてタイムアップを迎えたオニボウズ、覇彌斗はタイムアップとともにマットに崩れたが、すぐに立ち上がった。

結果、ジャッジは3-0でオニボウズを支持した。覇彌斗はキャリア初黒星を喫した。

「上にもう1人います。UFC、RIZINも良いですけど、その前に僕と修斗のベルトを賭けてやらないですか」と勝者が呼びかけると、修斗世界フライ級チャンピオンの扇久保がケージに入り、「オニボウズ選手、良い試合でいた。でも俺の方が全然レベルも違うし、もしやることになったらボコボコにします」と一言。

オニボウズは「今やったら、正直負けます。でも時間があるし、チームで強くなるんで」と食い下がると、チャンピオンは「やることになったら最高の試合をするので、やることになったら大阪の人も見に来てください」と締めくくった。

PR
PR

関連記事

Arzalet

Road FC43

Movie