この星の格闘技を追いかける

【Pancrase287】福島の根性の前進に競り勝った佐久間が、2-1で勝ち切る

<バンタム級/5分3R>
佐久間健太(日本)
Def.2-1:29-28.29-28.29-28
福島秀和(日本)

左ジャブを伸ばす佐久間が圧を掛ける。福島はケージ際を回りワンツーで前に。佐久間は左ジャブを当て、佐久間もそのジャブにパンチを合わせようとする。左ジャブで頭を振らせ、右ストレートを狙った佐久間が組み合いのなかで上を取り、パンチを入れて離れる。左ジャブあらショートの右アッパーを当てた福島は、残り1分を切って組み付くとハイクロッチへ。佐久間はクラッチを切って倒されず、初回を3-0で取った。

2R、福祉アが距離を詰めて右も、佐久間も近距離で右を放つ。福島は引き続き前に出るが、右フックをテンプルに受けてダウン。ガードを取った福島が立ち上がって左ジャブから右を伸ばし、佐久間に打たせてシングルレッグへ。離れた佐久間に右ヒザを入れる福島。佐久間もパンチが荒くなり、福島は右からヒザを当てる。

さらに右入れた福島はボディにヒザを突き上げる、左も当たるようになった福島に対し、佐久間は疲れが隠せない。ついにはシングルで尻もちをつかせた福島だったが、佐久間もワキを潜ってバックへ。離れて打撃戦になると、手数が多く当てるのは福島に。佐久間も軸が乱れながら打ち返す。福島が2-1と盛り返し、最終回は分からない展開となった。

3R、福島はパンチを見せてシングルレッグ。佐久間はパンチを振りまして離れるも、ヒザをボディに被弾する。福島は前蹴りもボディに入れるが、佐久間が右フックを打ち返し、連打へ。次の局面で右を入れた福島はシングルへ。ここはブレイクとなり、福島の前進に佐久間が右を入れる。足を使って左ジャブを伸ばす佐久間に対し、福島は右を当てる。佐久間が右の空振りで姿勢を乱し、直後にシングルレッグで福島が尻もちをつかせる。

すぐに立ち上がった佐久間は、シングルでケージに押し込まれても耐えきると右フックを打っていく。互いに足を取りに行ったところで両者の頭がぶつかり、試合が中断。再開、最後の局面で福島が右を当てる。佐久間も足を取られながら右を振るう、足止めての打ち合いに。ここからシングルに出た福島は最後までクリーンテイクダウンは奪えず。

ただし、前に出て攻める姿勢を見せていたのも福島。果たしてジャッジの裁定は分かれ、佐久間に軍配が上がった。


PR
PR

関連記事

Tokyo Int JJC

Movie