この星の格闘技を追いかける

【Titan FC44】ホロボウがJZをバックマウント&パウンド連打で破り、暫定ライト級王座に就く

<Titan FC暫定ライト級王座決定戦/5分5R>
カート・ホロボウ(米国)
Def.4R2分45秒by TKO
JZ・カバウカンチ(ブラジル)

素早い左ジャブを伸ばすホロボウ、右を伸ばすJZ。JZもジャブをダブルで繰り出す。JZは右オーバーハンドもホロボウは左フックを返し、シングルレックも切られる。ホロボウは左ジャブ同様に素早い左ミドルハイを放っていく。JZはシングルのフェイクから右フックも空振りに、直後にJZが左フックを当てる。

JZの前進に右ストレートを合わせようとするホロボウが引き続き左ジャブを伸ばすも、ローを蹴られて姿勢を乱す。それでもプレッシャーを掛けるホロボウが頭を振って、右のフェイントを織り交ぜてJZを混乱させようと試みる。終盤、ホロボウの左ジャブが届くようになったなか、JZがダブルレッグへ。姿勢を乱すもケージを背にしてホロボウは耐えきった。

2R、JZが重い右ローを2発蹴り込む。続く左フックは空振りになり、逆にホロボウの左フックがヒットする。JZはまたもテイクダウンのフェイクから左フックを狙い、軽く顔面を拳が掠める。ホロボウは前に出てショートのワンツー、JZが左フックを返す。その直後に右フックを入れたホロオブは、JZのテイクダウン狙いを切って左ジャブを打ち込む。スピードがやや落ちてきたJZは、打撃戦で削られたか。

ホロボウは左を当てて組み付くと、ヒザをボディに突き上げて離れる。JZは右を被弾しケージに押し込まれ、ギロチンも頭がすっぽ抜けてガードを強いられる。蹴り上げから立ち上がったJZだが、打撃で踏み込みが小さくなっている。逆にホロボウは左フックを当てて、左から右を打ち込む。決定打云々でなく、表情としてJZに追い込まれ感が出てきた。

3R、JZは左ローからスピニングバックヒールキックを当て、ホロボウが怯む。ここで組んだJZがボディロックからテイクダウンに成功する。マウント狙いに腰を押して足を戻したホロボウが、ヒップエスケープからケージを背にして立ち上がろうとする。足を持ち上げて許さないJZが左のパウンドを落とすが、ホロボウはシングルでリバーサルに成功する。

JZの立ち上がり際にバックに回ったホロボウがバックマウントも、胸を合わされガードに戻される。ポジションを取り戻したJZだが、動きが重く攻撃に切れがないのが心配だ。ホロボウはガードからエルボー&鉄槌を当てていく。スクランブルでバックに回ったJZ、ホロボウは胸を合わせてショートのパンチを連打した。

4R、左ジャブから右ストレート、ショートの右フックを連打したホロボウは、テイクダウン狙いのJZに右フックを2発、後ろ回し蹴りからパンチのラッシュを掛ける。左フックを思い切り振るい、腰が軽くなったJZからテイクダウンを奪ったホロボウがエルボーを落としていく。

体が畳まれ、足をかかすことができないJZが、何とかディープハーフに持ち込むも、パンチを連打される。シングルに移行したが、潰されガードを取った流血のJZはエルボーを連続で落とされる。シングルをギロチンで切り替えしたホロボウが上を取り返し、そのままマウントへ。パンチを落とされ、背中を見せたJZにそのままパウンドを続けると、レフェリーが試合をストップ。ホロボウがタイタンFC暫定ライト級王座に輝いた。

タイタンFCフェザー級に続き、暫定ライト級王者となったホロボウはタイタンFCの王者として、恒例のUFC出場を訴えてケージを後にした。


PR
PR

関連記事

Arzalet

Road FC43

Movie