この星の格闘技を追いかける

【RFC37】根津優太、ジャン・イクファンに完敗――

<バンタム級/5分3R>
ジャン・イクファン(韓国)
Def.3-0
根津優太(日本)

一回り大きいジャン、開始直後に右ローが根津の急所へ。すぐに試合は再開し、根津は右を伸ばし、右ローも空振りに。続く右ローを入れると、ジャンの体が若干よれる。右の伸ばした根津は、右をカウンターで受けてバランスを崩す。押した形だったのか、根津はまるでダメージがなくステップを踏んで前に出る。

左を当てた根津は左ハイをよけて、タイミングを見て右ロー。しかし、その右ローに右を合わされてしまう。さらにリーチを生かしたように根津の前進をカウンターで止めるジャン。足元が滑りやすそうな根津は、右ローにまたも右を被弾しそうになる。逆に右ローをジャンが蹴ると、根津はキャッチにいくが取り切れない。左を入れた根津は、逆に左を被弾してヒザ、そして左をまたも被弾する。ローの空振りに左ミドルを合わせたジャンが初回を取った。

2R、根津の左にジャンが右フック。根津はバランスを崩す場面が目立つ。近距離での打ち合いも精度が高いのはジャン、さらに離れて右を当てて、ローを蹴っていく。待ってカウンター、先手で左ジャブを当てるジャンのペースが続き、根津は右フックの振りが大きくなり、またもバランスを崩す。根津も左を入れるが、組みに行くところで首相撲からヒザをジャンが繰り出す。ダブルからケージにジャンを押し込んだ根津だが、テイクダウンはできず終盤にはロー、続いて右フックを当てられる。

厳しい局面が続く根津だが、ジャンが予想以上にできる。ここで集中力を切らせたくない。

最終回、右に右を合わされた根津の上体が揺れる。続いて左を合わされた根津はケージ中央の打ち合いでも右を被弾し、後方にバランスを崩す。終盤、目を見開き口を開けて殴り合いに応じた根津だが、パンチを当てても当てられるというイーブンに持ち込むのが精いっぱいか。

ファイターズ・ハイのような表情、素振りの根津だが、それは相手の術中にはまっているといっても過言でない。試合はそのまま乱打戦のなかで、決め手はないままジャンが3‐0の判定勝ちを手にした。

PR
PR

関連記事

Arzalet

Road FC43

Movie