この星の格闘技を追いかける

【Grachan28XBrave Figth14】厳しい時のTDで大澤、島村はローリングサンダー、松場は判定──勝利

Osawa【写真】ここぞ──とう場面で必ずテイクダウンを決める大澤 (C)MMAPLANET

26日(日)、東京都江東区ディファ有明で開催されたGrachan28XBrave Figth14の合同興行。第2部といっても過言でないGrachan28では、5月に阪本洋平の挑戦を受ける大澤茂樹が、Gladiator武士道チャンピオン大道翔貴と対戦。セミでは必殺技ローライングサンダーを引っ提げて4連勝とした島村裕が、その大澤への挑戦をアピールした。中京発宇宙人=松場貴志が勝利したフライ級など、今後のタイトル戦線に影響を与える試合が続いた。


Osawa vs Omichi 01<フェザー級/5分2R>
大澤茂樹(日本)
Def.3-0
大道翔貴(日本)

Osawa vs Omichi 02距離を取り、待ちの状態の大道は大澤が踏み込みながら左を放つところで、左アッパーや右フックを合わせようとする。近づいたところでパンチを被弾しそうになる大澤が勢いのある左ロー、大道は蹴りは受けてもパンチは被弾しない。ならばとダブルレッグを大澤はトップキープから立ち上がり、大道の立ち上がり際に思い切り右を落としていく。これをかわし立ち上がった大道は、大澤の左に左を合わせ右ハイを狙う。続くテイクダウン狙いを潰した大道が互角の展開で初回を戦い切った。

Osawa vs Omichi 032Rは打撃でなくすぐにテイクダウンに持ち込んだ大澤が、金網に大道を押し込んで立たせない。立ち上がるのに時間を要した大道は、右フックから今度は左ハイ。大澤は低い姿勢で飛び込みダブルレッグから腰をコントロールし、ぶっこ抜くようにテイクダウンに成功。大道が腕十字を仕掛ける。右手が伸び掛かっていた大澤だったが、ここでタイムアップに。トップコントロールの時間が長かった大澤が判定勝ちを手にした。

<フェザー級/5分2R>
島村裕(日本)
Def.1R4分34秒by ローリングサンダー
なおKING(日本)

Shimamuraパンチを振るって距離を詰め、組んでいったなおKING。胸があった状態で島村は豪快な払い腰を決める。サイド、ニーインから一気に島村がマウントへ。なおKINGもすぐにスクランブルに持ち込むが、続く接近戦でもう一度払い腰で投げられる。

Shimamura finish足を取りながら正対しようとしたなおKINGだったが、島村はサンボ流の足を絡めての腕関節へ。同体で回転しないと、肩が破壊されそうな回転系の腕関節から、仰向けになると島村はここで上体を起こして背中(&足)を伸ばす、アームロックを関節。

えげつない、腕をもぎり取らんばかりに肩を極めると──なおKINGがタップ。原井徹との挑戦者決定戦を負傷で流した、島村はこの必殺技をローリングサンダーと命名したことを明らかとし、改めてチャンピン大澤への挑戦を口にした。

<フライ級/5分2R>
松場貴志(日本)
Def.3-0
上原佑介(日本)

Matsuba vs Uehara 01サウスポーの構えから、素早くパンチを振るい距離を詰めてテイクダウンを狙う松場。上原の右ミドルに右ストレートをヒットさせ、返しの左を狙っていく。パンチからテイクダウンという展開を続けつつ、右で松場はダウンを奪う。松場は鉄槌を連打し、上原が腰を切ってきても正面に座り、上腕を押し付けパウンドへ。上原は蹴り上げを見せたが、サブミッション、スクランブルのどちらにも持ち込めず初回が終わった。

Mtasuba vs uehara 02最終回、上原のテイクダウン狙いを切り、待ちの姿勢の松場。ショートを連打するが、これは軽い。と、松場は打撃の応酬から組んでバックに回り込もうとするも、上原も素早く反応し胸を合わせて離れる。

右を2発ほど受けた松場は左に右を合わさせるシーンも。さらにダブルレッグからバックを譲りそうになった松場は、逆ハーフから胸を正対しガードの中に収まる。そのまま試合終了直前に立ち上がるまで、トップコントロールを続けた松場が判定勝ちを手にし鈴木隼人が持つフライ級王座挑戦に一歩近づいた。

■ GRACHAN28 ×BRAVE FIGHT14主な試合結果

<フェザー級/5分2R>
大澤茂樹(日本)
Def.3-0
大道翔貴(日本)

<フェザー級/5分2R>
なおKING(日本)
Def.1R4分34秒by ローリングサンダー
島村裕(日本)

<フライ級/5分2R>
松場貴志(日本)
Def.3-0
上原佑介(日本)

<ライト級/5分2R>
能登崇(日本)
Def.3-0
石原裕基(日本)

<ウェルター級/5分2R>
竹川光一郎(日本)
Def.2R4分42秒by TKO
長谷川拓也(日本)

<バンタム級/5分2R>
米山千隼(日本)
Def.2R4分58秒by TKO
吉田哲之(日本)

<59キロ契約/5分2R>
己吏人(日本)
Def.3-0
佐々木洋(日本)

<フライ級/5分2R>
鈴木隼人(日本)
Def.3-0
小田切勇(日本)

<BRAVE FIGHT×GRACHAN交流戦バンタム級/5分2R>
坂巻魁斗(日本/BRAVE)
Def.1R4分55秒 by TKO
井関遼(日本)

<BRAVE FIGHT ×GRACHAN交流戦ウェルター級/5分2R>
ルクク・ダリ(コンゴ)
Def.1R終了時 by TKO
川中孝浩(日本/BRAVE)

<BRAVE FIGHT ×GRACHAN交流戦ライト級/5分2R>
阿部右京(日本)
Def.1R3分17秒 by TKO
斎藤勇駿(日本)

<BRAVE FIGHT ×GRACHAN交流戦フェザー級/5分2R>
加藤貴大(日本/BRAVE)
Def.1R3分37秒 by TKO
小林亮太(日本)

<フライ級/5分2R>
竿本樹生(日本)
Def.2-0
タイガー石井(日本)

PR
PR

関連記事

Arzalet

Road FC43

Movie