この星の格闘技を追いかける

【WEC32】喧嘩屋・高谷が無念のTKO負け!

2008.02.14

(C) ZUFFA現地時間2月13日(水)、アメリカ・ニューメキシコ州アルバカーキにあるサンタアナスターセンターで開催された『WEC32』で、喧嘩屋・高谷裕之がついにWEC進出を果たした。対戦相手のレオナルド・ガルシアは殴り合い上等の柔術家だ。

【写真】打撃はクリーンヒットがなかった高谷。強豪が集うWEC戦線で生き残ることができるか (C) ZUFFA

「米国のファンは僕のことをしらないだろうけど、僕のパンチが当たれば必ず倒れる」。9月のケージ・フォースで金網を経験している高谷は落ち着いた表情だが、米国のファンはブーイングで彼を迎えた。

試合では、大歓声を浴びたガルシアがローを放って試合はスタート。ガルシアのロー、ハイを流す高谷は、左フックを見舞うが届かない。大きなフックにショートの左を合わせた高谷だったが、左フックを受けてしまう。続いて右ミドル、さらに左から右ストレートの直撃を受けた高谷は、そのまま真後ろに尻餅をついてダウン。パウンドの追撃を受け、91秒で無念のTKO負けとなってしまった。

「ライト級は僕には重すぎた、フェザー級で誰が僕に勝てる?世界を獲るぞ!」と絶叫したガルシア。米国、そしてケージの壁は高く厚い。

PR
PR

関連記事

r t One02

Movie