この星の格闘技を追いかける

【UFC209】達人技は見れずとも、アンデウソンが普通にブルンソンに勝つ凄さを魅せる

<ミドル級/5分3R>
アンデウソン・シウバ(ブラジル/7位)
Def.30-27.29-28.29-28
デレック・ブルンソン(米国/8位)

間合いを維持したまま向かい合う両者。ブルンソンが左ローを放つ。腰を落とし、ワイドスタンスのアンデウソンは掛け率で不利という状況にある。テイクダウンのフェイクから右フックを見せたブルンソンに対し、アンデウソンも右フックを伸ばす。回るブルンソンを追いかけてパンチを繰り出すアンデウソンに、ブルンソンが組みついてケージに押し込む。ダーティーボクシングのブルンソンは、アンデウソンのタイクリンチをセットアップしようとすると離れる。

ブルンソンのパンチに、左を返したアンデウソンはシングルレッグを切り、左フックをダッキングでかわす。ブルンソンは左ロー、前に出てきたアンデウソンに対し背中を見せて走って間合いを取る。アンデウソンは後ろ回し蹴りから首相撲、ここでブルンソンがアッパーを連続で突き上げる。離れたブルンソンに飛びヒザを見せたアンデウソンだが、空振りしバランスを崩すと、ガードを取って紹介を戦い終えた。

2R開始早々、ブルンソンがダブルレッグを仕掛けアンデウソンがスプロール。アンデウソンはオーソでの構えも見せるが、すぐにサウスポーに戻す。ブルンソンの左が軽く触れ、アンデウソンが右前蹴りからスピニングバックフィスト、右ミドルを入れる。ダブルレッグで倒されても、すぐに立ち上がったアンデウソンはケージを背にして右エルボー。

ガードを下げてヘッドスリップで避ける。オクタゴン中央に移動した両者、ブルンソンはダブルレッグを切られてスタンドに戻る。右ジャブをダブルで当て、距離を詰めようとするアンデウソン。ブルンソンが回ると、何とアンデウソンはカポエイラ・ステップ=ジンガを魅せた。

最終回、左から右を振るって前に出るブルンソン。アンデウソンはシングルレッグに小手投げを打つ。ケージを背にしたアンデウソンがウェービングから右フック。ケージ中央に戻ったブルンソンのテイクダウンを切る。右ジャブを当てたアンデウソンに対し、ブルンソンも右ジャブを返す。

ブルンソンはその場飛びで左ヒザ、テイクダウン狙いをスプロールしたアンデウソンに左フックを放つ。アンデウソンは首相撲も再びアッパーを被弾し、ここで縦ヒジを入れる。残り2分を切り、アンデウソンは左フックを当てるもケージに押し込まれテイクダウンを許す。

クローズドガードのアンデウソンが、左ヒジも疲れてスタンドに戻りたくはないようにガードで固める。スイープ狙いに反応したブルンソンだが、大きなパンチを入れることはできない。残り15秒で右ヒジを落としたブルンソンは、そのままトップをキープして試合終了を迎えた。

最後のテイクダウン&トップコントロール、首相撲に捉えられた状態でのアッパーとフック──ブルンソンの攻勢点に対し、アンデウソンはボディへのヒザ、距離のコントロール、テイクダウンを切る数が多かったことがどう評価されるか。

ジャッジ3者ともアンデウソンにスコアをつけて、生けるレジェンドが判定勝ち。歓喜のアンデウソンは涙でコメントがすぐに出てこない。

「みんな、ありがとう。NY、ありがとう。とても幸せだ。サンキュー、ダナ。サンキュー、UFC。家族、友人、パートナー、ありがとう。ここでずっと戦い続けて、色んなところが痛かったし、家族と3カ月、4カ月と会えないこともあった。

ここで戦ったのは、皆にベストを尽くす姿を見てほしかったからなんだ。僕はもう戦うには年を取り過ぎた。若い選手は速くて強い。でも、ハートを見てほしかった。皆のことを尊敬している。僕はUFCを愛しているし、この仕事を愛している。ずっとNYで戦いたいと思っていたんだ」と、アンデウソンはしみじみとした表情で話した。


PR
PR

関連記事

Arzalet

Road FC43

Movie