この星の格闘技を追いかける

【RFC36】佐々木信治、厳しい戦いを勝ち残り──韓国のファンに気持ち伝える

<ライト級Tトライアル1回戦/5分3R>
佐々木信治(日本)
Def.3-0
アルバート・チャン(カナダ)

リカバリー具合が尋常でないチャン。佐々木は左をまずは振るう。チャンの飛びヒザに組んだ佐々木がケージにチャンを押し込む。右を差し返したチャンがヒザ蹴りをボディに入れ、右の細かいパンチを打っていく。ブレイクが掛かり離れると、チャンが右フック、左を振るって接近したチャンの左ヒザが急所に入り、佐々木がマットに倒れ込む。背中を押さえて苦悶の表情の佐々木。

立ちあがった佐々木に拍手が遅れて、試合は再開へ向かうがダメージは明らかに残っている。5分を大幅に過ぎ、リスタートに。チャンの右ストレートに組み付き引き込んだ佐々木。チャンは寝技に付き合わない。立ち上がった佐々木はシングルに取られると、ジャンピングガードを取る。

佐々木をケージに叩きつけ、スラムしたチャン。佐々木はラバーガードの態勢を取る。左のパンチを入れて、体を起こすチェンがラバーから逃れる。チャンは立ち上がり、佐々木は組んで引き込む。右の鉄槌を落としたチャンに佐々木はクローズドガードを続ける。レフェリーのブレイクで試合がスタンドに戻ると、チャンは間合いを取り右を伸ばす。このまま両者の距離が近付くおとなく、初回が終わった。

2R、左ヒザを繰り出すチャン。佐々木は左を当てる。チャンも手数が少なく、佐々木がパンチをフルと下がる。プレッシャーを強めた佐々木は左ジャブ、右目の下は腫れあがっているチャンにブルーカードの注意が入る。左を振るって前に出たチャンに対し、佐々木は右を受けても左を返す。チャンが組んでくると、佐々木を押し返す。ケージ際の組み合いで、チャンのヒザが急所付近に。

佐々木は組み続けるも、ここでブレイクに。残り80秒、佐々木はカウンターを狙う。と、接近戦でチャンがヒザを繰り出すと、佐々木は急所に入ったと座り込む。チャンにイエローが提示され、3Pのペナルティが命じられた。

再開後、チャンは組んでボディロック&テイクダウン。佐々木はバタフライスイープを狙うが防がれ、ハイガードからラバーに。ここでタイムアップとなり、佐々木はイエローでどれだけポイントを挽回できただだろうか。

最終回、チェンが前に出てフック、アッパーを繰り出す。佐々木は左を被弾し、左を返す。チャンの前進に佐々木が右、チャンが左を入れる。パンチを受けた数が多い佐々木は、ここでクリンチへ。ケージにチャンが押し込み、テイクダウンを狙う。チャンが腿にヒザを入れるが、残り3分20秒で佐々木はテイクダウンに成功する。

肩パンチを落とす佐々木は、ハーフで抑え鉄槌を続ける。左のパンチを入れ、右の鉄槌を落とした佐々木は、ブレイクが掛からないようにパンチを入れる。体を起こして左右のパンチを入れた佐々木はパスを仕掛ける。ついに佐々木はパスに成功し、ニーオンベリーからマウントを狙う。

チャンがハーフに戻したところでブレイクが入ったが、佐々木はすぐに組んでケージにチャンを押し込む。体を入れ替えられた直後に、小外掛けでテイクダウンを奪った佐々木はそのままタイムアップまでトップを取り、試合終了と同時に立ち上がったものの股間を押さえてマットに倒れ込んだ。

初回をリードされたが、2Rはイエローで佐々木。3Rはチャンが失速し佐々木と考えられるが、トータルでどう判断されるか。結果、3‐0で佐々木が勝利。佐々木は「とても嬉しいです。負けてマイクを持ったままでなく、勝ってマイクで伝えたいことがありました。12月にチャンピオンにTKO負けして、大分落ち込んだんですけど、ロードFCのファンがSNSで毎日のようにメッセージをくれて。負けて2カ月だけど、皆にお礼が言いたくてトーナメントに出ました。格闘家して、皆さんにお礼を言わせてください。ありがとうございました」とマイクでファンに気持ちを伝えた。


PR
PR

関連記事

大会予定(現地時間)

Movie