この星の格闘技を追いかける

【RFC36】フライ級転向対決=ムン・ジェフン戦に向け、中原太陽 「戦うだけ。それだけです」

Moon Jae Hoon vs Nakahara【写真】淡々と明日の試合への意気込みを語ってくれた中原太陽 (C)KAORI SUGAWARA

11日(土・現地時間)、韓国ソウルのチャンチュン体育館で開催されるROAD FC 36でムン・ジェフンと対戦する中原太陽。

一昨年7月のロードFC日本大会以来、実に一年半振りのファイトはフライ級転向初戦となる。そんな中原太陽をパブリック計量後にキャッチした。


──計量を終えて、今の気持ちは?

「まあ、ちゃんと落ちたなっていうところですね」

──初のフライ級ですが、体重は順調に落とせましたか。

「1度、試しに落としたことがあったんです。4月か5月頃に。そこでもう試合に出ることができる状態だったのですが、色々とあってタイミングが合わなくて、ここまで出られなかった感じです。

あの落とした時は、カツカツで節制していたわけじゃないので、今回が初めてちゃんと減量したなという感じです。でもバンタム級の時と別に変わらなかったです」

──前回のロードFC出場は日本大会で、今回が初めて韓国での試合になります。

「会員さんとか皆が応援に来てくれて、僕としては心強いというか、有り難いです」

──寒さは減量に影響なかったですか。

「確かに寒いですね。でも、それが水抜きとかに影響が出ることではないですし、体重はスッと落ちました。問題なく、いつも通りです」

──明日、対戦するムン・ジェフンも中原選手と同様に今回が初めてフライ級になります。

「1度、バンタム級の時にもムン・ジェフン選手との試合のオファーがあったのですが、まさか彼も体重を落としてきて戦うことになるとは思っていなかったです。でも、戦うと決まったので、もう戦うだけ。それだけです」

──そもそも中原選手が階級を下げようと思った理由は、何だったのでしょうか。

「色々とありますが、一つはバンタム級でキム・スーチョルに負けて、自分を客観的に見た場合、彼と同じ階級で続けて自分の商品価値はどうなのかと疑問を感じたんです。自分の居場所を作るのがプロなんじゃないかと。じゃあ、これまでやっていないことをやろうと思い、階級を下げたんです。意外とパッと思いついてやったんですけど、初めてちゃんと減量してみたっていう感じです。やれそうです」

──本計量とバブリック計量でムン・ジェフンと顔を合わせ、何か感じることはありましたか。

「動画で見ていたまま、しっかりと仕上げてきたという印象です。強いと思います」

──ムン・ジェフン対策は?

「いえ、今回は減量だけですね。特に気を遣ったのは。練習はいつも通り、周囲のサポートを受けてやってきました」

──前回の試合から1年半と間が空きましたが、その辺りが気になることはありますか。

「僕はあまりそういう風に捉えていなくて、例えば怪我をして練習ができない時期があると、それはブランクだと思います。でも、僕はこの間も変わらず練習していたので。武道ではないですけど、そういう中で試合があるんで期間は余り気にしてないです」

──それでファンにメッセージをお願いします。

「僕のファンがいるかどうかは分からないですけど(笑)。周りの人たちは試合を観たいと言ってくれるので、良かったです。『やりますよ』っていうだけですね。試合をやるんで、興味あれば観てください」

■ Road FC36計量結果

<ミドル級/5分3R>
福田力:84.35キロ
キム・ネチョル:84.5キロ

<ライト級Tトライアル1回戦/5分3R>
佐々木信治:70.4キロ
アルバート・チャン:70.3キロ

<ライト級Tトライアル1回戦/5分3R>
レオ・クンツ:70.65キロ→70.55キロ
ホン・ヨンギ:70.3キロ

<ライト級Tトライアル1回戦/5分3R>
ホドリゴ・カポラル:70.5キロ
パク・デソン:70.4キロ

<女子無差別級/5分2R>
世志琥:77.85キロ
チョン・ソンユ:67.6キロ

<ライト級Tトライアル1回戦/5分3R>
シャミール・ザフロフ:70.5キロ
キム・ウォンギ:70.5キロ

<フライ級/5分3R>
中原太陽:57.5キロ
ムン・ジェフン:57.45キロ

<ライト級Tトライアル1回戦/5分3R>
ブレンゾリグ・バットムンク:70.2キロ
トニーニョ・フリア:70.4キロ

<ライト級Tトライアル1回戦/5分3R>
アンディ・メイン:70.25キロ
キム・チャンヒョン:70.4キロ

<ライト級Tトライアル1回戦/5分3R>
ホニ・トーレス:70.4キロ
エメック・トラオフ:70.5キロ

<ライト級Tリザーブマッチ/5分3R>
イ・ヒョンソク:70.5キロ
パク・ヘジン:69.6キロ

<ライト級Tリザーブマッチ/5分3R>
キ・ウォンビン:70.2キロ
ジョン・ジェイル:70.4キロ

<ライト級/5分2R>
ミン・ギョンチョル:69.5キロ
チョ・ヨンジュン:70.4キロ

<フライ級/5分2R>
パク・スワン:57.2キロ
ソ・ドンス:57.4キロ

<バンタム級/5分2R>
ソ・ジンス:61.75キロ
イ・ソンス:61.7キロ

PR
PR

関連記事

大会予定(現地時間)

Movie