この星の格闘技を追いかける

【ONE51】ダメージ優先と思いきや、手数のティンがシャロルスにスプリット判定勝ち

<キャッチウェイト/5分3R>
エブ・ティン(ニュージーランド)
Def.2-1
カメル・シャロルス(イラン)

いきなり左を当てたシャロルス。ティンが右ローを返す。さらに左を当て、続く右は空振りになったもののシャロルスが左ミドルを当てる。さらに左ボディフックを入れたシャロルスが、右オーバーハンドも打ち込む。コンビネーションはないが、一発が重いシャロルスだが、頭が当たった直後に肩から押し込まれバランスを崩す。

すぐに立ち上がったシャロルスは、逆に左を入れてダウンを奪う。ティンも直後に立ち上がると、シャロルスの左に距離を取れるようになり左ミドルを蹴り込む。しかし、右フックを浴びて再びティンが腰から崩れる。ティンは即スタンドに戻ると、両差の距離が縮まってフックの応酬が見られる。ティンの左ハイにもフックを振るうシャロルス。ティンはカニばさみを狙うが、深く飛び込めない。またもカニばさみを狙い、空振りから立ち上がったティンがローを入れた直後に初回が終わった。

2R、ティンはローからハイを見せ、右ストレートをヒットさせる。ガードもなく思い切りフックを振るうシャロルスが、スタミナが持つのか。ティンの飛びヒザを被弾しながら左と右のフックを当てるシャロルス。かなり荒い展開になり、互いに手数が減って来る。残り1分強となり、大きな蹴りを見せるティンに対し、シャロルスは右フックからシングルを狙う。これを察知したティンは、ガードの下がるシャロルスに左ハイの機会を伺っているのか。シャロルスは終了後にパンチを入れた。

最終回、ローを連続で蹴り、左ジャブを伸ばすティンはこの回はオーソに構えている。右を伸ばし、ウェービングで角度を変えたティンはスピードでシャロルスを圧倒し始める。それでもシャロルスは空振りを重ねてなお、左を打ち込む。ティンはローを続け、サウスポーに構えると、ここで左ロー。しかし、シャロルスも右フックを打ち抜く。これが効いたか、自らのパンチでバランスを崩しかけたティンは、飛びヒザを見せて右ハイ。シャロルスも右を返す。ティンの左ハイをブロックしたシャロルスは。テイクダウンのフェイクから左フックも空振りに。

ティンもテイクダウンのフェイントに続き、ハイキックを放つ。試合終了と同時に、セコンドに抱えられるシャロルスは初回の2度のダウンを奪っているが、残りの10分はアグレッシブネス&ジェネラルシップを譲っている。

ダメージ優先のONEだが、果たしてジャッジの裁定は──割れ、ティンに凱歌が挙がった。


PR
PR

関連記事

iSMOS01

Movie