この星の格闘技を追いかける

【UFN103】左ミドル効かせたサンダースが、マクギ―を振り切る

<ウェルター級/5分3R>
ベン・サンダース(米国)
Def.3-0:29-28.29-28.29-28
コート・マクギー(米国)

開始直後の打撃の交換のあと、クリンチとなりヒザとパンチを打ち合う。離れると蹴りが交錯し、サンダースが左ミドル、ミドルハイを蹴っていく。左ジャブを伸ばすマクギ―を首相撲で捉えたサンダースがヒザをボディに入れる。マクギ―は右ミドルを返して、右前蹴りも当てていく。

サンダースは左ミドルを入れるも、右ハイを受けそうに。両者、蹴りが届く距離でキックを多用する中、マクギ―が距離を詰めるとサンダーソンがヒザを狙う。サンダースは左インサイドロー、左ボディと使いわけてガードを破る蹴りが増えてくる。ワンツーで前に出てきたマクギ―にまたしても左ボディを決めたサンダースのラウンドとなったか。

2R、引き続き左ミドルを見せるサンダース。距離が近付くと首相撲があるため、マクギーが攻めあぐねる展開が続く。ややスラッピーな打撃で前進を続け打開を図ったマクギ―は、ヒザを顔面に受けそうになる。マクギ―のテイクダウン狙いもタイクリンチに持ち込むサンダースは、マクギーが離れたところで左ミドルを決める。

ついに組みついたマクギーだが、ボディロックも細かいパンチを受けて自ら離れる。離れて左ミドル、近づいて首相撲と試合を支配するサンダースが2Rも取った。

最終回、ペースを上げて左からの蹴りを入れるサンダース。マクギ―が前に出てくるよういなり、より蹴りが入りやすくなったか。マクギ―も前進を続けることで、右ストレートや右アッパーが届くように。そしてダブルレッグで組み付いたマクギ―をサンダースがキムラロックで捉える。そのままテイクダウンに持ち込んだマクギ―だが、ラバーガードの名手サンダースはフルガードに戻すと、ミッションコントロールへ。

すぐに頭をあげて対処したマクギ―だが、右足を引き寄せたサンダースがハイガードで動きを固定する。足を一本抜いたマクギ―はエルボーを入れ3Rを取り返したが、サンダースが逃げ切り判定勝ちを収めた。


PR
PR

関連記事

Movie

JBJJF