この星の格闘技を追いかける

【Pancrase283】先手、先手でパンチを当てた田中半蔵が、崖っぷち対決で内村洋次郎を破る

<フェザー級/5分3R>
田中半蔵(日本)
Def.3-0:30-27.29-28.29-28
内村洋次郎(日本)

後がない対決。左を当てた田中、内村も右フックを返す。続く田中のダブルは遠く、すぐにスタンド戦が再開し内村が右ローを蹴っていく。内村の左ローで姿勢を乱した田中の右フックは空振りに。内村のミドルをキャッチしてバックに回った田中に対し、内村がすかして足払いのように崩す。すぐに立ち上がって内村をケージに押し込む田中がダーティ僕スングで右を連打する。残り30秒、距離ができると田中は右ジャブからスピニングバックフィスト、内村が右フックを放った初回が終了。ジャッジ2人が田中、1人は内村のラウンドとした。

2R、パンチのフェイクから組み付いた田中、体を回した内村がエルボーを見せて離れる。たなかは左を入れて、前に出る右からヒザを当てる。内村も打ち返し、続くテイクダウン狙いを切る。内村のヒザ蹴りにも、田中は左を打って間合いを取り直した。先手が欲しい内村だが、田中が前に出てフックを3発、シングルでテイクダウンに成功する。

一気にヒップエスケープが立ち上がった内村をダブルでケージに押し込む田中が、右を打ち込む。ここで打撃の間合いになるもクリーンヒットはなかった。この回はジャッジ3者とも田中につけた。

最終回、まず右を入れた田中。内村が右ローを返す。内村の前進に左から右を打ち込んだ田中は、続くダブルは遠い。田中は再び左→右のコンビを当てて、蹴り足をキャッチするとバックに回り込む。ここで時間を使うと一気に勝利に近づく田中だったが、内村は胸を合わせていく。ヒザをボディに突き刺す内村、勝利には最低でもダウンは欲しい。右を差してテイクダウンを狙った内村は、手をついて立ち上がろうとした田中の顔面に左を連続で打ち込む。

残り1分、エルボーから離れた内村の鼻の傷にドクターチェックが入る。再開後、内村は自らのローでバランスを崩す。そこに組みついた田中がケージに内村を押し込んで、タイムアップを迎えた。最後の打ち合いという勝負を選択しなかった冷静さで、田中が3-0の判定で崖っぷち対決で勝利した。


PR
PR

関連記事

Tokyo Int JJC

Movie