この星の格闘技を追いかける

【UFC FOX10】アグレッシブさで上回り、サリバンが初陣飾る

2014.01.26

<ウェルター級/5分3R>
ジョージ・サリバン(米国)
Def.3-0: 29-28, 29-28, 29-28
マイク・ローデス(米国)

ニュージャージーのCFFCからUFCデビューを果たすサリバンと、ローデスはRFAを経てオクタゴンにやってきた。サリバンは左ローを蹴り込むと、ローデスは左ハイを見せる。右ハイを返したサリバンがワンツーから右ハイにつなげるも、ローデスが距離を取る。ローデスも左ミドルを繰り出すなど、足技が多い序盤に。右ストレートから距離をつめたローデスが、シングルレッグからバックに回って後方にテイクダウンを狙う。すぐに立ち上がったサリバンはエルボーを後方に入れて胸を合わす。

スイッチしたローデスに左ローを蹴り込むサリバンが、ワンツーからダブルレッグから持ち上げてテイクダウンを奪う。立ち上がったローデスはキムラを仕掛けるも、足のフックがなくサリバンがマウントへ。ここで初回が終了した。

2R、間合いの計り合いから左ジャブ、左ハイを見せたサリバンがワンツーを入れる。飛びヒザで逆襲に出たローデスは、蹴り足を掴まれても頭を押して距離を取り直す。右フックを受けて一旦距離を取ったサリバンをヒザで押し込むローデス。サリバンも右ローを走らせ、左ジャブから右ストレートを放つも、これは届かない。ローの応酬から右フックを決めたのはローデス、急所蹴りを気にしながら組みついてバックを伺う。腕を剥がして胸を合わせたサリバンのダブルレッグをローデスがフルパワーで潰し、試合は最終ラウンドへ。

最終回、サリバンは左ジャブから右ストレートを入れるも、ローデスも左ローから右フックを返す。蹴りからパンチで攻める両者だが、パンチにクリーンヒットのないなか、ローデスが組んでケージにサリバンを押し込む。バックに回ったローデスは、自ら距離を取り直す。サリバンの右ストレート、ワンツーがヒット。さらに左ジャブから右ストレートとサリバンの手数が多い。

ローデスも左を返し、左ミドルを見せるもやや姿勢を乱す。再びバックに回ったローデスは後方からヒザを狙ったが、サリバンがシングルレッグで崩しバックに回りこむ。胸を合わせようとしたローデスに対し、サリバンはヒザ蹴りを入れる。向きを変えたローデスがテイクダウンを仕掛け、ヒザをキャンバスにつかせるも明確なポイントメイクはできない。このまま試合はタイムアップを迎え、結果サリバンが判定勝ちを収めた。

PR
PR

関連記事

Movie