この星の格闘技を追いかける

【Invicta FC20】接戦に見えた世界戦は意外にポイント差があり、ヒルがメデイロスを下す

LINEで送る
Pocket

<Invicta FC世界女子ストロー級選手権試合/5分5R>
アンジェラ・ヒル(米国)
Def.3-0:50-45.49-46.48-47
ケイリン・メデイロス(米国)

小刻みなステップ、素早い左ジャブとフェイクを織り交ぜる王者ヒル。右オーバーハンドは空振りになり、メデイロスが右ローを蹴っていく。続いて左ローから前に出るメデイロスに対し、ヒルは左ジャブを伸ばす。2分経過した時点でダブルレッグを決めたメデイロスに対し、ヒルは三角クラッチからエルボー。腕を送りつつヒジを打ち込んでいく。

立ち上がったメデイロスは腕十字に切り替えられそうになり、もう一度ヒザをつける。ここで担ぎから三角クラッチを切ったメデイロスが立ち上がる。試合はスタンドに戻ると、メデイロスは息を整えるように動きを抑えて初回終了を待った。

2R、メデイロスのテイクダウンを切ったヒルがヒザ蹴りをボディに入れる。メデイロスは蹴り足を掴まれ倒されたが、そのままシングルに移行してテイクダウン。スクランブルでヒルのバックに回る。ワンフックで左フックを被弾しつつも、ヒルは手首を掴んでメデイロスを前方へ振り落す。

そのままスタンドに試合が戻ると、ヒルにも明らかに疲れが見えるように。メデイロスの前進に下がりつつ右を入れたチャンピオン。左ジャブに簡単に懐に入れないが、右ローを連続で入れる。続く左ミドルをキャッチして尻餅をつかせた挑戦者がこのラウンドを取ったか。

3R、メデイロスがペースを上げて左ジャブを力強く打ち、シングルレッグへ。ケージに押し込まれたヒルはダブルレッグをオーバーフックで防ぎ、強引な小外掛けを潰してトップを奪取する。ヒルはハーフで潜ろうとするメデイロスに左のエルボー、右のパンチを打ち込む。足を効かせ、コントロールを許さなかったメデイロスは試合がスタンドに戻ると、シングルレッグからの展開のなかで右フックをヒットさせる。残り30秒で左ミドルにテイクダウンを合わせたメデイロスが、三角絞めを防ぎここもリードした。

4R、スタンドの打撃戦が続きヒルは左ジャブを決め、テイクダウン狙いを切って左ミドルを蹴っていく。右フックから左ミドルを再び入れた王者は構えを変えるメデイロスに右オーバーハンド。気が付けばチャレンジャーは鼻血を流している。残り1分を切り、メデイロスが左ジャブ。ダブルレッグで尻餅をつかされたヒルが、そのままの左に起き上がって上を取る、ヒルは最後までトップキープし、ラウンドを取り返した。

最終回、前に出るヒルに右ローを蹴ったメデイロス。ヒルは左右のミドルハイから右ストレート、左ローを入れる。直後にショートの連打で前に出た挑戦者も譲らない。左ジャブとローを続ける王者は、ここまでのポイントをどのように計算しているのだろうか。右フックを被弾したメデイロスが前に出る。

ヒルは左ロー、ワンツーでメデイロスが前進してくると下がりながら右を打っていく。さらに左ミドルも決めたチャンピオンだが、前に出るイメージはメデイロスだ。残り20秒で左ミドルに続き、右フックを当てた王者。さらに鋭い右ローを入れてタイムアップを迎えた。

2Rと3Rはメデイロス、4Rはヒル。初回のテイクダウン×三角クラッチ&エルボー、最終回をジャッジがどのように判断するか。

結果は50-45、49-46、48-47でヒルの防衛成功となった。意外に点差が開いた結果に「ケイリンは凄く強かった。パンチもテイクダウンも強い。そんなタフな相手と戦うためにジムでハードなトレーニングを積んできた」と落ち着いた表情で語った。


PR
PR

関連記事

Movie