この星の格闘技を追いかける

【Pancrase282】中井りん、ワットに快勝でRIZIN村田夏南子戦決定

LINEで送る
Pocket

<フライ級/5分3R>
中井りん(日本)
Def.2R3分44秒by TKO
シャーリーン・ワット(ニュージーランド)

左ジャブを伸ばすワット、左に回る中井りんも左フックを当てる。ワットの左ハイに対し、中井りんは右ロー。さらに右フックを当ててテイクダウンを狙う。ワットの左ミドルの蹴り終わりで一気にテイクダウンを決めた中井りんはサイドを追って、すぐにマウントへ。ヒジを落とし、抱えてくるワットに左右のパンチとエルボーを織り交ぜて、ポジションを譲らない。

力の入ったパウンドを増えてくると、ワットの表情が厳しいモノになってくる。ケージに詰まって殴られ続けるワットに対し、中井りんは鉄槌とパンチから腕十字で。ワットが体を並行になるように動きタイムアップに持ち込んだ。

2R、右目の下を大きく腫らしたワット。ラウンド開始と同時にドクターチェックが入る。再開後、ワットは左ミドル。左フックを当てた中井りんは左に回りつつ、テイクダウンへ。これをワットが切るも、右ローにニータップでテイクダウンを合わて、ここもすぐマウントへ移行する。右のパンチからエルボーを落とした中井りんは、ヒジを押し付けて右の拳を落とす。残り90秒、顔を覆うようになったワットにパンチを連打した中井りんがレフェリーストップで勝利。

ここで酒井代表がアナウンサーという形で中井りんをリードして、村田夏南子戦の話があることを明かし、高田延彦がデカゴンに入り、「やれんの?」と問いかける。「やらせてください」と中井りんは返答。高田は「村田と最高の喧嘩を見せてもらいたい」と話した。


PR
PR

関連記事

Movie