この星の格闘技を追いかける

【Pancrase281】マモル、組ませて意地のエルボー&ヒザでスプリット勝利

<フライ級/5分3R>
マモル(日本)
Def.29-28.29-28.28-29
ルイス・ベタオ・ノゲイラ(ブラジル)

左ハイを見せたベタオ、マモルは前蹴りをよけると小刻みなステップを踏み、ワンツー。組んだベタオがケージにマモルを押し込むと、シングルへ。飛び上がってヒザを入れたマモルは頭を押しのけ、バックを許さない。残り2分でブレイクが掛かり、マモルは左ハイをスウェイでかわして左フックから右ストレート、左ローを入れる。

しかし、ベタオの右フックを受けて腰から崩れたマモルは起き上がるところでギロチンに捉えられる。アナコンダ、そしてギロチンに戻したベタオに対し、マモルは頭を抜いてスタンドへ。初回はベタオのラウンドとなった。

2R、右ミドルから右を伸ばすベタオ。マモルは左ミドルをガードの上から蹴っていく。続いてワンツーを入れると、左ローを蹴りこむ。左に回るベタオに対し、マモルはミドルハイ。マモルがダブルレッグを狙うも、組み合いのなかでバックを譲りそうになる。立ち上がって胸を合わせたマモルだが、ケージに押し込まれた状況が続く。ボディロックで崩しにかかるベタオ、マモルは踏ん張り胸を合わせていくと左エルボー。

離れたベタオに左ミドルハイを続け、左ジャブを打ち合う。マモルの左フックに、ベタオも左フックを返すと右ストレート。マモルは右ハイから左ストレート、首相撲でヒザを顔面に入れる。ベタオがテイクダウンを狙ったところでラウンド終了となり、ジャッジ2名がマモルを支持した。

最終回、ベタオの蹴り足をキャッチして殴るマモル。ベタオも打ち返し、マモルが離れる。接近戦でヒジを放つマモルに対し、ベタオもヒジを返し左を伸ばす。マモルは右ストレートから前に出て、再び右を入れてダブルレッグへ。ここもベタオが逆にマモルをケージに押し込みバックに回り込もうとする。マモルは立ち上がって正対、首を取って右エルボーを打ち込む。左ミドルからワンツー、ダブルレッグに出たマモルはまたもケージに押し込まれる。

これが誘い水のようにエルボー、首相撲からヒザを放ったマモルは、離れたベタオに左ミドルを蹴りこむ。ベタオが右を返すと、マモルは左ハイ。残り1分で組んだベタオがバックも、マモルがはがして押し込む。ベタオのギロチンを逃れたマモルがエルボー、首相撲からヒザ蹴りを入れてタイムアップに。

結果、マモルがスプリット判定をモノにし体重超過のベタオに意地の勝利を挙げた。


PR
PR

関連記事

Arzalet

Road FC43

Movie