この星の格闘技を追いかける

【TUF18】スペンサー文句なしの判定勝ち。打撃戦で優勢に

2013.12.01

<ウェルター級/5分3R>
ショーン・スペンサー(米国)
Def.3-0: 30-27, 30-27, 30-27
ドリュー・ドバー(米国)

サウスポーのドバーが右に回りながら、スペンサーのパンチをよけて左ハイを見せる。右ストレートを打つスペンサー。両者がいきなり足を止めてパンチを交換する。左ハイからダブルレッグを仕掛けたドバーだが、テイクダウンは奪えない、2度のテイクダウン狙いも防いだスペンサーが右を伸ばすと、ここでもドバーは足を止めて打ち合い劣勢に。ドバーの左ミドルに右ハイを返すスペンサー。ドバーも打撃の展開で劣勢になっても、下がることなく左を伸ばしダブルレッグへ。シングルに移行されても倒れなかったスペンサーは左ジャブをヒットし、右エルボー。これは空振りになったが、右ストレートをヒットし初回を取った。

2R、パンチの交換のなかシングルレッグでスペンサーをケージに押し込んだドバーだが、右腕を差し返したスペンサーが体を入れ替えると、距離を取って右ストレート、右ボディ、さらに右フックを打ち込んでいく。至近距離でも右エルボーを入れたスペンサーが試合を優位に進め、再三のドバーのテイクダウンを防いで打撃で攻勢に出る。左ジャブから右を受けて、やや動きが止ったドバー。ここでも組みついていくが、エルボーを受けて自ら距離を取り直す。左フックを被弾したスペンサーは、ヒザを入れたが再び打たれる。しかし、ここでドバーは肩で息をして動きが落ちてしまい反撃までには至らなかった。

3R開始直後に連打に前に出たスペンサー、ドバーは下がりながら左を返し、パンチが当たると前へ。しかし、ここでもテイクダウンを奪えない。ドバーの左フックをダッキングでかわし、左フックからヒザ蹴りを決めたスペンサー。かなりの数のパンチや蹴りを被弾しているドバーだが、それでもテイクダウンを仕掛けていく。打撃戦でも引き下がらず、ダメージを蓄積していく嫌いがあるが、急遽出場のスペンサーの息が荒くなってくる。

残り2分、シングルでケージまでドライブしたドバー。ここも防いだスペンサーは飛びヒザを2度入れ、棒立ちになったドバーにエルボーを放っていく。鼻血とカットで顔面を赤く染めるドバーは、テイクダウン狙いにヒザを合わされ、右ストレートを被弾すると文字通りフラフラに。最後まで立ち続けたドバーだが、判定結果は当然のようにフルマークでスペンサーに凱歌が挙がった。

PR
PR

関連記事

大会予定(現地時間)

Arzalet

Road FC43

Movie