この星の格闘技を追いかける

【Pancrase280】石川英司、ブラジル人をコントロール&ドミネイト=完勝

<ライト級/5分3R>
石川英司(日本)
Def.3-0:30-27.30-27.30-27
アレッサンドロ・マルティンス(ブラジル)

右ローを見せたマルティンス。石川はシングルでテイクダウンへ。マルティンスが立ち上がっても、即シングルを決め直後のスクランブルで石川がバックを伺る。股間でクラッチし、俵返しの要領で投げた石川に対し、マルティンスはシングルで組み付く。石川は尻もちをつかされた、股下のクラッチを切られ、足を束ねられる。足首も取り、巧みに石川を断たせなかったマルティンスだが、残り90秒で両者スタンドへ。ボディロックから右を差し上げて押し込む石川、ワキをくくってバックに回りテイクダウンにトップ奪取。後方からパンチを入れ、立たせないで初回を戦い切った石川が3票を取った。

2R、マルティンスの左ローにも、石川も左ローを返す。さらに左ストレートから左ハイを見せた石川は、マルティンスのフックをかいくぐってダブルレッグ、ケージにドライブしてテイクダウン。ハーフから右のパンチを落とす石川は、さらにエルボーを連打する。頭を抱えにきたマルティンスに引き続き、エルボーを落とす。フルガードに戻すのが精いっぱいのマルティンス、石川はトップからパンチを落としラウンド残り時間は1分に。

ノーギ・スパイダーガード的な動きを見せたマルティンスだが、立ち上がることができないまま2R終了を迎え、ここも石川が3-0とした。

最終回、開始直後にパンチから勢いのまま組み伏せた石川。マルティンスは心が折れそうになっているか。石川はバックからパンチを入れ、たすき掛けへ。手首をつかんでディフェンスに徹するマルティンスにワンアーム・フェイスロック気味の仕掛けから、クラッチしていく石川。手首をつかんで防いだマルティンスは、ガードへ移行する。最後の抵抗か腰を切って腕十字をセットアップするマルティンスに対し、腕で抜いてパンチの連打。背中を見せたところでバックに回ってフェイスロック、極め切ることはできなかったが、最後まで圧倒し続けた石川がフルマークの判定勝ちとなった。

PR
PR

関連記事

Arzalet

Road FC43

Movie