この星の格闘技を追いかける

【UFC203】蹴りで牽制、クリンチ合戦、結果はタヴァレスがスプリット判定でマガリャエス下す

<ミドル級/5分3R>
ブラッド・タヴァレス(米国)
Def.2-1:30-27.29-28.29-28
カイオ・マガリャエス(ブラジル)

サウスポーのマガリャエスが左ミドル、続いて右ローを見せる。右ジャブから右ローを蹴り込んだタヴァレスは、続いて左ローを当てていく。マガリャエスの左の蹴りは三日月気味だが、距離はあっていないか。距離が近付くと、タヴァレスが左フックを入れる。続く接近戦でマガリャエスがシングルレッグへ。尻餅をつき、すぐに立ち上がったタヴァレスをケージに押し込む。

回り込んで離れ、テイクダウンを防いだタヴァレスは逆に右腕を差して、ケージにマガリャエスをドライブ。マガリャエスも右を差しえ体を入れ替える。こヒザを蹴りあった両者は、このまま初回終了を迎えた。

2R、タヴァレスの左ハイに左ミドルを返したマガリャエス。距離が近付くと、互いにフックを振るっていく。マガリャエスは左ローから右ミドルも距離が遠い。ケージ際でのレスリングの攻防から離れた両者、タヴァレスが右ローを走らせ、マガリャエスが左ミドルを蹴り返す。蹴り、パンチと同じリズムで繰り出す両者、オープンブロー気味のフックのなかで、タヴァレスが拳頭で右を打ち抜く。即、組み付いたマガリャエスがシングルで尻餅をつかせる。起き上がってケージに押し込んだタヴァレス、大きな差はないが左ミドルと尻餅をつかせたマガリャエスのモノになったか。

最終回、マガリャエスは蹴りでタヴァレスを突き放そうとするが、タヴァレスは後ろ回し蹴りから左ロー。ケージ際のクリンチが続き、マガリャエスがギロチン&引き込む。頭を抜いたタヴァレスが苦も無くトップを取るが、パンチを狙った隙に立ち上がられて有効な打撃を入れることはできなかった。

右を入れ、飛びヒザから再び右を当てて攻勢に出るタヴァレス。中間蹴りで左ミドル、右オーバーフックを決めて攻勢に出る。ガードも下がり、スタミナのロスが目立つマガリャエスだが、左フックをヒット。残り40秒で飛びヒザの着地と同時に右ストレート、右前蹴りも顔面に入れたタヴァレスに対し、マガリャエスも決死の左右のフックへ。

ここもタヴァレスが飛びヒザという勢いのある攻撃を見せて、試合を締めくくった。結果、タヴァレスに凱歌が挙がった。


PR
PR

関連記事

Arzalet

Road FC43

Movie