この星の格闘技を追いかける

【UFN93】REALに来日経験のあるコロンボ、しまらないダンホー相手に減点響きドロー

<ヘビー級/5分3R>
クリスチャン・コロンボ(デンマーク)
Draw.1-0:29-27.28-28.28-28
ジャルジス・ダンホー(シリア)

REALで来日経験のあるコロンボが、UFCデビュー戦でダンホーと対戦。大きな右を振って前に出たダンホーが組みつくと、シングルからバックに回ってテイクダウンを狙う。ケージを背負って耐えるコロンボは、体を入れ替えた首相撲からヒザを2発突き上げる。ダンホーは右フックをヒットさせて組みへ。ここもコロンボがヒザ蹴りを狙う。続いてダンホーは左を伸ばして組みつく。コロンボは落ち着いてヒザを返し、距離を取り直したダンホーの左ハイを放つ。

コロンボの右をよけてボディロックの状態に入ったダンホーが離れて、ロングフックを振るう。コロンボは首相撲からヒザ、ギロチンに切り替えてニーを入れる。離れたダンホーを追いかけて左を当てたコロンボ、組まれても切ってヒザを入れる。粗いパンチで前に出るが、すぐに組みに行く。と、コロンボは手をマットに着いたダンホーの頭部にヒザを入れ、ペナルティで1Pを失う。来年からは反則とならない攻撃だが、現時点でマイナス1Pは致し方ない。

2R、コロンボは左ハイを入れる。組みに行き、切られたところで左フックを当てたダンホーだが、効果的な攻撃はない。と思った直後に一瞬の交錯から上を取ったダンホーはバックからパンチを入れる。すぐに立ち上がったコロンボは、頭を取ってヒザ蹴り。バックを狙われ離れたダンホーは右アッパーもヒザ蹴り受けて体が沈む。

組まれてもヒザを中心に攻撃し、ダンホーの動きを止めたコロンボ。ダンホーはとにかく必死に組んでいく。活きも荒いコロンボだが、右アッパーをヒット。しかし、続く手がなくバックを譲り、ヒザ蹴りをボディに受ける。手をマットについてヒザを受けないように戦うのが精一杯のダンホーは、ボディにヒザを貰って離れるというパターンを続ける。

バックに回ってもキムラを貰われ、必殺の手をマットにつける防御もボディにヒザを受け続けたダンホー。何ともしまらないファイトとなった。

最終回、コロンボは左ジャブをヒット。突っ込んで自ら前方に崩れるダンホーは、相変わらずマットに手を着く行為を続ける。辛うじてアッパーを打ち込むことができても、すぐに組まれては手をマットについていくダンホーは、ギロチンからヒザを頭部に受ける。

あるいはコロンボの手首を掴み続けるばかりのダンホーはヒザをボディに受け、エルボーを被弾。コロンボはジャブを入れるが、彼もまたフィニッシュにいく体力が残っていないか。非常にスローで、精度の低い攻撃を繰り返す両者。ヒザを受けて背中を見せたダンホー、コロンボはキムラを狙うがスリップして転び下に。立ち上がったコロンボにパンチを集中させたダンホーだが、またもヒザを突き上げられる。

UFCレベルと思えない質の低い試合は15分の時間切れのなり、ハンブルクのファンのブーイングを受け、ペナルティの影響もありドローという結果までしまりのないモノとなった。


PR
PR

関連記事

Arzalet

Movie