この星の格闘技を追いかける

【UFN92】右ハイで突破口開いたボンジニビョが、カミングスを判定で下す

<ウェルター級/5分3R>
サンチアゴ・ポンジニビョ(アルゼンチン)
Def.3-0:30-27.29-28.29-28
ザク・カミングス(米国)

サウスポーのカミングスに対し左に回るポンジニビョ。カミングスは左ローを2発、右ジャブから左ストレートを伸ばす。カミングは左ストレート、ポンジニビョが左から右のワンツーを決める。カミングはダブルレッグでドライブにシングルレッグへ移行、足をリリースしてフックを振るうも空振りに。

左をタイミングよく伸ばすカミングスだが、ポンジニビョは右ハイを蹴り込み、続いて右ストレートをヒットさせる。と、カミングスの左ローがポンジニビョの急所に入り、試合が中断する。再開後、カミングスは左ミドルを入れ、後ろ回し蹴りを見せると、ダブルレッグで尻餅をつかせた。

2R、カミングスは右ジャブで前に出るが、ポンジニビョの右ストレートを被弾。左目が塞がれそうになっているカミングスにポンジニビョは右だけでなく、左を入れて再び右ハイを狙う。カミングスのシングルを切って、右を入れたポンジニビョの距離で試合が進む。カミングスは思い切り踏み込んで左フックを振るうが、これを回り込んでかわしたポンジニビョが右フックを逆にヒットさせる。左ローには左フックを合わせたポンジニビョが、この回も取った。


最終回、やや近い距離で激しく拳を交換する両者。そのなかでポンジニビョが右ハイを蹴って、ペースを譲らない。直後に右ストレート、左ジャブを当てたポンジニビョはガードの上から右ハイキックを効かせる。オーソに構えるなど、いよいよ追い込まれたカミングスに右を継続してヒットさせるポンジニビョ。左から右フックをポンジニビョが打ち込めば、カミングスが左フックを返す。それでも勢いはポンジニビョが上。続いて右ストレートを入れる。負けじと左ストレートを伸ばしたカミングスだが、形成を逆転するには至らない。最後に側転のような動きを見せたポンジニビョだが、この時点で勝負を諦めていたようだった。

結果、ポンジニビョが3‐0の判定勝ちを収めた。

PR
PR

関連記事

Arzalet

Road FC43

Movie