この星の格闘技を追いかける

【UFC200】スター候補生はつらいよ……ノースカット、課題を露呈しつつマリーンに判定勝ち

<ライト級/5分3R>
セイジ・ノースカット(米国)
Def.3-0:29-28.29-28.29-28
エンリケ・マリーン(スペイン)

左を伸ばす両者、ノースカットは左ハイから左ストレートを蹴っていく。さらにサイドキックを見せると、左ハイをマリーンのアゴ先に入れる。ノースカットの飛びヒザの着地に合わせてマリーンが組んでケージに押し込む。両差しのマリーンは、シングルに移行してテイクダウンを奪うと、ギロチンを抜けてトップへ。

ノースカートは足関節狙いからトップを取ると、マリーンのヒールを防御しパスへ。そのままバックに入ったノースカットが両足をフックし、マリーンの背中を伸ばさせる。RNC狙いはマリーンが仰向けになりハーフに戻して未遂に。左腕を差し上げたマリーンがスタンドに戻るとノースカットは首相撲からヒザ蹴り。続くテイクダウン狙いを切ってバックに回ったマリーンは、乗り過ぎて落とされる。それでも肩口にノースカットを担いでリバーサルを決めた。

2R、ノースカットがワンツーを当てる。さらにコンビネーションの左を打ち込んでサイドキック。しかし、シングルレッグは切られボディロックからテイクダウン狙いも、逆にトップを譲りサイドから抑えられる。足を戻そうとするノースカットを上四方で抑えたマリーンは頭を跨いでアームロック、さらにアームバーへ。クラッチを切って左腕を伸ばしたマリーンだが、その上体を跨ぐように防いだノースカットが腕を引き抜いてトップに。

ノースカットのエルボーにも腕十字を狙うマリーン。正対してくるノースカットに対し、マリーンは素早く上体を起こしてシングルでリバーサルを決めると、再び上四方から頭を跨いで今度はキムラへ。残り30秒で腕十字へ移行するが、途中で三角を狙い頭が抜ける。ここで2Rが終わった。

最終回、左ジャブを放ったノースカットに組みついたマリーンがケージに押し込む。小手を巻くノースカットだが、ダブルレッグから尻餅をつかされる。強引にギロチンを狙うノースカットだが、自ら解いて立ち上がる。マリーンはバックを取り、左腕を差してケージにノースカットを押し込む。マリーンのダブルレッグに体を抱えてしまうノースカットはエルボーを落とす。

流血のマリーンは執拗にダブルレッグを狙い、尻餅をつかせることに成功。両足を束ねて登るマリーンがバックへ。前転したノースカットがトップを取り返す。残り20秒でトップを取って、パンチを落としたノースカットは終了のホーンとともにガッツポーズを見せた。

結果、ノースカットがジャッジ3者揃って29-28をつける判定勝ち。一見してプロテクトされたマッチメイクで、勢いのある攻めと同様に穴も露呈しつつ一本負けは逃れたノースカット。勝負どころでトップを取る点など、さすがと思わせるモノがあるが、UFCという世界最高峰の場でスターは創られるものじゃないと実感させられる一戦だった。


PR
PR

関連記事

Arzalet

Road FC43

Movie