この星の格闘技を追いかける

【TFU23】シーズン23出演者対決はスタンバリーに凱歌

<ライトヘビー級/5分3R>
ジョシュ・スタンバリー(米国)
Def.2-0:29-27.29-27.28-28
コリー・ヘンドリックス(米国)

TUF23出演者同士の対戦。ヘンドリックスの蹴り足をキャッチしてパンチを放ったスタンバリー。蹴り、パンチを互いに駆使し、スタンバリーが組んでケージへ。体を入れ替えながら離れた両者、スタンバリーの右がヘンドリックスの顔面を捉える。ヘンドリックスが左ミドル、左ローを入れると、スタンバリーも左ローを返す。スイッチを交え、左右のミドルを入れるヘンドリックス、ダブルレッグでドライブしたスタンバリー。

離れて中央に戻ると、スタンバリーが左フックを当てる。右フックから左ハイを見せたヘンドリックス。スタンバリーはスピニングバックフィストも、左フックを受けて動きが落ちる。TUF出演同士の対戦なので致し方ないが、現代MMAに必要な要素を非常にコンパクトにまとめ、ダイナミックに欠けた試合になっている。

2R、初回と同じように互いに打撃を果敢に繰り出すなか、ヘンドリックスが疲れたがテイクダウン狙いでバランスを崩し、スタンバリーがトップを取る。ハーフからクローズドに戻したヘンドリックスにスタンバリーが細かいエルボーやパウンドを入れる。残り100秒でブレイクが掛かると、ヘンドリックスは立ち上がるにも時間がかかってしまうほど疲弊している。それでも左ハイを見せたヘンドリックス、続いて左ミドルから左ローを蹴っていく。スタンバリーは右ストレートを返し、左ジャブを当てるとヒザ蹴りへ。ヘンドリックスが今度は右から前蹴りとミドルを見せた。

最終回が始まった直後に組み合った両者、ヘンドリックスが腰に乗せた投げを狙うも失敗。ガードを強いられる。スタンバリーはサイドから腕関節を狙い、極まらないとみるやしっかりと抑え込んでいく。スタンバリーの方にブリッジをして、足を戻そうとしたヘンドリックスだが、これは失敗。直後にスタンバリーが立ち上がってパンチを狙ったのを機に、ハーフに戻すことに成功する。

スタンバリーパスガードし、またもサイドで抑えつつ細かいパンチを落とすと、アメリカーナ、続いてクルスフィックスの態勢へ。腕を引き寄せて防ぐヘンドリックスだが立ち上がることはできない。タイムアップ直前まで抑え込んだスタンバリー、残り10秒で立ち上がりホーンと同時に勝利を確信し、笑顔を浮かべた。


PR
PR

関連記事

Arzalet

Road FC43

Movie