この星の格闘技を追いかける

【UFN89】公開計量終了 ザッツMMAのマクドナルド×スーパーキックで一点突破=トンプソン

17日(金・現地時間)、18日(日・同)にカナダはオタワのTDプレース・アリーナで開催されるUFN89「MacDonald vs Thompsonの公開計量が行われた。

モントリオールのトライスタージムの同僚といっても過言でないローリー・マクドナルドとスティーブン・トンプソンのウェルター級戦がメインの同大会。ザッツ・MMAスタイルというべきジャブと前蹴りで距離を制して、しっかりとテイクダウンにつなげて削っていくマクドナルドに対し、アメリカン・カラテ&ジェントルマン・キックボクシングのDNAを持つトンプソンは、サイドキックをジャブ替わりに使い、回転系の蹴りにもKOパワーを秘めているオクタゴン随一のキッカー。

MMAの必要要素を形にすると、限りなく円に近く均等に何でもできるマクドナルド。一方のトンプソンは蹴りの部分がいびつといってよいほど特化した不均等な形を形成する。ただし、その蹴りが有効なのは距離とタイミングの取り方が絶品だからこそ。低い拳の位置と腰高の構えで相手の攻撃を見切っていく。つまり、マクドナルドの攻撃手段、その一歩を封じ込める眼をトンプソンはもっている。あのジョニー・ヘンドリックスの突進力を跳ね返したスーパーキック、トンプソンが総合力のマクドナルドを一点突破する可能性も十分にある。

そんなメインを筆頭に、2度目のウェルター級で登場のドナルド・セラーニ。その対戦相手のパトリック・コーテを始め、9人のカナダ人ファイターが出場するオタワ大会の計量結果は以下の通りだ。

■ UFN89 計量結果

<ウェルター級/5分5R>
ローリー・マクドナルド:170.5ポンド(77.34キロ)
スティーブン・トンプソン:170.5ポンド(77.34キロ)

<ウェルター級/5分3R>
ドナルド・セラーニ:171ポンド(77.57キロ)
パトリック・コーテ:170ポンド(77.11キロ)

<ライトヘビー級/5分3R>
スティーブ・ボッセ:205ポンド(92.99キロ)
ショーン・オコネル:205ポンド(92.99キロ)

<ライト級/5分3R>
オリヴィエ・オバメルシエ:155ポンド(70.31キロ)
チバウト・グーチ:156ポンド(70.76キロ)

<女子フライ級/5分3R>
ヴァラリー・レターノー:125.5ポンド(56.93キロ)
ジョアン・カルダーウッド:125.5ポンド(56.93キロ)

<ライト級/5分3R>
ジェイソン・サッゴ:155ポンド(70.31キロ)
レアンドロ・シウバ:155.5ポンド(70.53キロ)

<ライトヘビー級/5分3R>
ミシャ・サークノフ:205.5ポンド(93.21キロ)
イオン・クテレバ:202.5ポンド(91.85キロ)

<ミドル級/5分3R>
タムダン・マックローリー:185ポンド(83.92キロ)
クシシュトフ・ヨッコ:184.5ポンド(83.69キロ)

<バンタム級/5分3R>
ジョー・ソト:135ポンド(61.24キロ)
クリス・ビール:134ポンド(60.78キロ)

<ミドル級/5分3R>
アライアス・セオドロ:186ポンド(84.37キロ)
サム・アルヴィー:185.5ポンド(84.14キロ)

<女子ストロー級/5分3R>
ランダ・マルコス:117.5ポンド(53.30キロ)
ジョスリン・ライバーガー:115ポンド(52.16キロ)

<ウェルター級/5分3R>
コルビー・コビントン:170ポンド(77.11キロ)
ジョナサン・メニエ:170.5ポンド(77.34キロ)

<フライ級/5分3R>
アリ・バガウティノフ:125.5ポンド(56.93キロ)
ジアン・ヘレラ:125ポンド(56.70キロ)

PR
PR

関連記事

Arzalet

Road FC43

Movie