この星の格闘技を追いかける

【UFN88】フェルダーがバークマンに競り勝つ

<ライト級/5分3R>
ポール・フェルダー(米国)
Def.3-0:29-28.29-28.29-28
ジョシュ・バークマン(米国)

構えを変えて距離を取るバークマンが関節蹴りを見せる。フェルダーは右ミドル、バークマンも同時に左ミドルハイを狙い、続いてローも同時に打ち合う。バークマンの左ミドルに右ストレートを伸ばしたフェルダー、主導権争いが続く。バークマンは再び左ミドルも、今後はワンツーを被弾。ゆっくりとした流れのなかで、フェルダーが二段蹴りを狙うと、バークマンがワンツーを返す。関節蹴りとローを入れるバークマンは、足を止めての打ち合いで左右のフックを入れて優勢に立つと、ダブルレッグを残り1分で決める。サイドを取ったバークマンに対し、フェルダーがケージを背にして立ち上がるが、大内刈りでもう一度尻餅をつかされた。

2R、フェルダーは前足=左ミドルを入れる。リズムがゆっくりだが、一つ一つの蹴りやパンチはスピーディなフェルダーに対し、関節蹴りをバークマンは続ける。バークマンの左フックに右を入れたフェルダーが右ミドルを入れる。バークマンは2度、スピニングバックフィストを空振りし、組まれてケージに押し込まれる。体を入れかえたバークマンだが、離れた直後に右ハイから左フックを顔面に打たれ動きが止まる。組んで難の逃れようとしたバークマンは逆にバックを許し、後方から右ハイを狙われるなどラウンドを取り返された。



最終回、右ミドルハイを2回蹴って、ローにつないだフェルダー。バークマンは右ジャブを伸ばす。フェルダーはスピニングバックキックを見せたが、スリップして腹ばいで倒れる。すぐに立ち上がったフェルダーに対して、距離を詰めることがなかったバークマン。試合はスタンドの展開が続く。手数(足数?)はフェルダーが多いなか、残り2分を切ってバークマンが組んでドライブ。ケージ際でダブルレッグを仕掛ける。

ボディロックの態勢から小外掛けでテイクダウンを奪ったバークマン。直後に立ち上がったフェルダーが思い切り左エルボーを打ち込む。このヒジで大量の鼻血を流すようになったバークマンは逆にケージに押し込まれる。残り20秒でブレイクが掛かり、最後の最後にバークマンがボディロックからテイクダウンを奪いタイムアップとなった。最終回、2つのテイクダウンを取ったバークマンか、打撃で手数が多くエルボーで流血に追い込んだフェルダーか。結果はフェルダーに軍配が挙がった。

PR
PR

関連記事

Arzalet

Road FC43

Movie