この星の格闘技を追いかける

【UFN88】迫力落ちた──?? トゥルージロがテイクダウンで試合を纏めて判定勝ち

<ライト級/5分3R>
エイブル・トゥルージロ(米国)
Def.2-1:29-28.29-28.29-28
ジョーダン・リナルディ(米国)

ショートノーティスでUFCデビューとなったリナルディから、開始1分でテイクダウンを奪ったトゥルージロ。残り2分30秒でトゥルージロが立ち上がり、ブレイクが掛かって試合がスタンドに戻る。左フックを2発入れたリナルディは、シングルレッグへ。トゥルージロがこれを切るが、左フックに再び組みついてケージに押し込んでいく。心なしか打撃の迫力が以前ほどではなくなったように見えるトゥルージロは、構えを変えて右フック、右ストレートを繰り出すもリナルディも打ち返し、打撃は互角のラウンドとなった。

2R開始直後、リナルディの右ミドルにテイクダウンを合わせたトゥルージロ。リナルディが腕十字を仕掛けると、トゥルージロは立ち上がる。スラムはせずに、ヒザを着いた状態で腕を抜いたトゥルージロが右のパンチを落とす。トゥルージロに続き、リナルディもスタンドに戻り、パンチを交換する。リナルディが右ストレートの直後に組みついてテイクダウン、一気に足をフックして背中を伸ばしに掛かる。RNCの防ぐトゥルージロに対し、リナルディは両足をフックする。胸を合わせることができないトゥルージロは腹ばいで背中が伸びる。ここは凌いだトゥルージロ、最後にようやく上を取り返したもののこの回は完全にリアルディがモノにした。



最終回、粗いフックを振るって前に出たトゥルージロ。リナルディが右フックを入れ、トゥルージロも左フックを返す。リナルディのテイクダウン狙いを切ったトゥルージロだが、バックに回り込むことはできない。リナルディはヒザを入れて離れると、左ジャブを伸ばしていく。トゥルージロの右フックにシングルレッグを合わせたリナルディがケージにトゥルージロを押し込む。バックに回ったリナルディに対し、トゥルージロが胸を合わせながら右フックを狙うが空振りに。

リナルディに左フック、トゥルージロも右フックを返す。両者、疲れが目立つようにトゥルージロがここで左フックをヒットする。リナルディの右ハイは力がなく、左フックを受けてケージ際まで下がってしまう。ここでダブルレッグを決めたトゥルージロがトップコントロールへ。明らかにスタミナをロスしているリナルディは頭を抱え込むようなガードを取り、リバーサル狙いからオモプラッタ。上を抜かれて蹴り上げも見せるが、トゥルージロに続き立ち上がることはできない。残り15秒でブレイクが掛かり、最後はスタンドで向かい合った両者、このまま大きな展開はなく試合はタイムアップを迎えた。

結果、ジャッジ3者とも29-28でトゥルージロの勝利を支持した。

PR
PR

関連記事

Arzalet

Road FC43

Movie