この星の格闘技を追いかける

【Pancrase277】最終回に底力魅せたマモル、スプリット勝利に「我慢!!」

<フライ級/5分3R>
マモル(日本)
Def.2-1:29-28.29-28.28-29
仙三(日本)

距離を取ってフェイントを見せながら、ハイキックやパンチを狙う仙三に対し、マモルは左ミドル。続く左ミドルに仙三は右フックを合わせにいく。左フック、後ろ回し蹴りの仙三、マモルは自ら組みにいくもヒザ蹴りを受ける。仙三は離れて半身の構えから蹴りや左ストレートの機会を伺い、マモルは後ろ回し蹴りをステップバックでよける。左ローを入れたマモルは仙三の左ジャブにワンツーで詰め寄り、追いかけ続けるラウンドとなった。

ジャッジは3者とも仙三のラウンドとした初回を終え、マモルは左ジャブ。仙三は足を使ってロー、左ジャブを伸ばす。仙三の後ろ回し蹴りをかわしたマモルは出入りの激しい挑発含みの動きにフラストレーションをためているか。左を入れ、マモルの攻撃には背を向けて距離を取る仙三に対し、マモルはダブルレッグもテイクダウンは取れない。離れ際に左ミドルこそ当てるが、組みにいって倒せないマモルは左フックにテイクダウンを合わせ尻餅をつかせる。残り30秒、左ミドルからダブルレッグを決めたマモル。仙三も立ち上がったが、続いて左ミドルを蹴り込んだ。

2Rはジャッジ1人が仙三、2人がマモルのラウンドとした。距離を詰めた仙三からテイクダウンを取ったマモルは立ち上った仙三に左ミドルを入れる。自ら前に出るようになった仙三はミドルに右を合わせようとする。マモルは右エルボーを入れて組みついてケージに仙三を押し込む。仙三が体を入れ替えると、マモルはエルボー。右を当てた仙三だが、マモルが再びテイクダウンを取る。立ち上がった仙三に対し、スタンディング肩固め風に首相撲からヒザを入れたマモルが、ここでもテイクダウン。マウントを奪ったマモルはパウンド&エルボーを落とす。

仙三はシザースでマウントを逃れたが、立ち上がりにバックを許し最後も倒され試合終了となった。結果、2Rと3Rと取り返したマモルがスプリット判定を手にして「ホッとしました。1R? 我慢」と語った。

PR
PR

関連記事

Arzalet

Road FC43

Movie