この星の格闘技を追いかける

【UFN27】ランカー対決は、ドスアンジョスに軍配上がる

<ライト級/5分3R>
ハファエル・ドスアンジョス(ブラジル/10位)
Def.3-0: 29-28, 29-28, 29-28
ドナルド・セラーニ(米国/6位)

素早い左ローを繰り出したセラーニ。続く、右ハイは空振りに。ドスアンジョスは左のテンカオを見せる。さらにテッサイから左フックを打ち込んだドスアンジョス。組みには行かず、相手の土俵で戦うつもりか。前蹴りが交錯し、続いてドスアンジョスの左ミドルが再び決まる、ヒザを繰り出すセラーニは、前蹴りも入れるが、ドスアンジョスも右ボディから左ストレートを決める。

セラーニは右ミドルを入れるが、左ボディから右フックを受けてヒザをつく。懸命に組みにいくセラーニからトップを取ったドスアンジョスは、三角絞めを担いでパス狙い。バックを譲るのを嫌がったセラーニがガードを取る。三角の動きには、スッと胸を張って余裕の防御を見せるドスアンジョスが、エルボーを落す。さらに左右のパウンドにつなげるドスアンジョス。強烈な左エルボーを落すと、セラーニが頭を抱えにいく。最後も右エルボーを決めたドスアンジョスが、まずは初回を制した。

2R、左ミドルを受け、フェイントにも反応してしまうセラーニに対し、ドスアンジョスは前蹴りから左ミドルを続ける。さらに左ボディフックから、右フック、今度は左フックに繋げたドスアンジョス。ドスアンジョスはサウスポーのまま戦い続ける。左ミドル、左フックと勢いを増すドスアンジョスに対し、セラーニは右ミドルを入れて距離を取り直す。とテイクダウンを決めたのはセラーニ。ハーフから潜るドスアンジョスにギロチンを仕掛ける。腰を引いたドスアンジョスが立ち上ると、シングルからダブルでケージにセラーニを押し込み、離れ際に右フックを見せる。

セラーニの右ミドルに、勢いのある左ミドルを返すドスアンジョスが、左エルボーを繰り出し、ダブルレッグへ。テイクダウンを奪われたセラーニは必死で手首を掴むも、こすりつけるようなエルボーを受ける。2Rも最後はドスアンジョスがトップを取った状態で終了した。

最終回、思い切り蹴り込んだセラーニの左ローで、バランスを崩したドスアンジョスだが、立ち上がると冷静にテイクダウン狙いを切る。セラーニは右ボディストレートを決めると、右ミドルへ。ドスアンジョスは前蹴りから距離を取り直す。セラーニは右ミドルを放つもドスアンジョスは、ダブルレッグでドライブしケージに押し込んでいく。ボディを返したセラーニが距離を取り直すと、左ローへ。さらにテンカオを見せるセラーニだが、ドスアンジョスは2Rを取ったと判断したのか、あまり攻めの姿勢を見せない。

と、右を打ち込んだセラーニがシングルレッグを切って、前に出る。下がるドスアンジョスは右フックを受けてさらに距離を取る。と、シングルに出たセラーニ。これを切ったドスアンジョスが、右フックを振るう。残り15秒、間合いを図って左ハイを見せたドスアンジョス。そのまま距離を詰めさせず、終了のホーンがなると大きく両手を挙げて勝利をアピールした。結果、ジャッジ3者が29-28をつける3-0の判定でドスアンジョスが快勝した。

PR
PR

関連記事

Arzalet

Road FC43

Movie