この星の格闘技を追いかける

【Grandslam04】松場、左を効かせラバーの中で過ごして判定勝ち

<フライ級/5分3R>
松場貴志(日本)
Def.3-0:30-27.30-27.29-28
己吏人(日本)

サウスポーの松場は己吏人のテイクダウン狙いを切って、パンチを入れる、ケージに押し込まれそうになり、組み合いのなかで左を入れる。松場は右ヒザをボディに突き刺すと、己吏人は右ハイもクリーンヒットしない。ここで己吏人がケージに松場を押し込むも自ら距離を取る。左から右フックを松場が入れると、動きが止まった己吏人はテイクダウンを切られて引き込む。ラバーガードに対し、頭が下がった松場に己吏人がエルボーを入れる。松場は右腕が抜けず、エルボーを引き続き被弾。最後に頭を抜いた松場が鉄槌を狙ったところで初回が終了した。

2R開始直後、己吏人の右目が大きく腫れており、ドクターチェックが入る。再開後、左を入れた松場、ケージに押し込んで左エルボーをいれる。己吏人はここでも引き込んでハイガード。己吏人が頭を抱えて上体を起こすと、松場がエルボーを連続で入れる。ラバーガードの態勢を再び取った己吏人に対し、松場は腰を切ろうとし左のパウンドを入れる。足を越すことができない松場、己吏人は左足を喉下に入れるが、最後に松場がエルボーからパウンドを落とした。

最終回、飛びこむように左を打ち込んだ松場は、ほとんどダウンしたように引き込んだ己吏人に左エルボーを入れる。ラバーガードで己吏人が固めるという同じ展開になるも、松場は左の細かいパンチを打つ。松場は右手を抜いて鉄槌を落とすが、残り2分で己吏人がラバーガード&エルボーを打ち込む。残り30秒で首を抱えた己吏人、松場はそのままガードのなかで過ごし、エルボーから立ち上がってタイムアップを迎えた。

PR
PR

関連記事

大会予定(現地時間)

Arzalet

Road FC43

Movie