この星の格闘技を追いかける

【PXC52】大番℃-boyが奮闘も、まさかの飛びヒザからパンチの連打に屈す

<ヘビー級/5分3R>
ロケ・マルチネス(グアム)
Def.2R by TKO
大番℃-boy高明(日本)

去年はTOP FCを拠点に2勝を挙げたメルチネスが、2年10カ月振りにPXCに参戦。同プロモーション元ヘビー級王者は、大番と右オーバーハンドを打ち合う。大番はロー、左ジャブから右フックを振るう。さらに左ローを入れた大番は左フックから右フック、ここで前に出たマルチネスが左右のフックを振るい、さらに右を当てる。組んだ大番は離れると、左ボディフックを入れて、左ローへ。マルチネスが前に出て組んでヒザ、離れたところで左アッパー&右フックを入れ、さらに左から右フックを打ち込む。

大番はボディフックを2つ返すが、右フックをテンプルに受ける。大番はここでも右や左を振るって前に出る。流血の大番はボディから右オーバーフックも空振りに。それでも左アッパーを放つ、左右のフックを打ち込んで前に出たマルチネス。大番は気持ちが折れず、ケージに押し込まれエルボーやフックを被弾しながら左アッパーを返す。ローから左ミドルを2発入れた大番は、左ストレートを打ち込まれる。それでも前に出る大場だが、左右のフックを当てられると、ダブルレッグでテイクダウンを許す。ハーフから細かいエルボーとパウンドを落としたマルチネスが、初回を取った。

2R、フックの連打で前に出たマルチネスに対し、大番もパンチを返してローを2発蹴り込む。かなり苦しそうに口を開ける大番に、マルチネスが頭を抑えて飛びヒザ!! 巨漢が見せたまさかのヒザ蹴りを受けた大番はさすがにケージ際に下がって動きが止まる。組み合いの中でヒザを返した大番だが、続くパンチの連打から左を受けてマットに倒れこんだ。ここでマルチネスがパウンドを落として試合は決した。

PR
PR

関連記事

大会予定(現地時間)

Movie