この星の格闘技を追いかける

【UFN84】テイクダウン&スプランブル制したアルミカーニが、ポジションでウィルキンソンに圧勝

<フェザー級/5分3R>
マクワン・アミルカーニ(フィンランド)
Def.3-0:30-27.29-28.29-28
マイク・ウィルキンソン(英国)

両者サウスポーで構えると、ステップを多用する。ウィルキンソンは構えを時折りオーソにし、体を開いてステップを踏む。かまわずアミルカーニはシングルレッグからテイクダウンに成功。足をきかせるウィルキンソンだが、アミルカーニは起き上がって足を捌いてパウンド。さらにパスガードでサイドへ。ニーインベリーで抑えマウントに移行したアミルカーニは足を戻されても鉄槌を連打する。再びパスに成功したアミルカーニに対して、ガードに戻したウィルキンソンがキーロックを仕掛ける。動きが固まったアミルカーニは腕を引き抜くとパンチを纏めて初回を取った。

2R、TJ・ディラショーばりのフットワークを見せるウィルキンソン。アミルカーニは飛びヒザからダブルレッグでテイクダウン、即パスを決める。クルスフィックスからエルボーを落としたアミルカーニは上四方に回り、腕狙いか。サイドに戻ったアミルカーニの頭を抱えて巻き込むようにサイドから逃げ、立ち上がったウィルキンソンは直後のテイクダウン狙いにギロチンを合わせる。

ウィルキンソンはギロチンスイープでトップを奪取。アルミカーニは首を捉えられたままバックに回りつつ、トップを取って頭を抜く。パスからクロスフィックス狙いと見せかけ、マウントを奪取したアルミカーニ。ウィルキンソンはケージウォークから足を戻しバタフライフック。潰したアルミカーニがパンチを落とす。アミルカーニはこのラウンドもトップをとった状態で戦い終えた。

最終回、最初のアルミカーニのテイクダウン狙いはスプロールしたウィルキンソンだったが、スクランブルからトップを譲る。ボディを蹴り上げスタンドに戻ったウィルキンソンに、アミルカーニは即テイクダウンへ。ギロチンからトップを取ったウィルキンソンだったが、アミルカーニがリバーサルでトップを取り返す。続くスプロールの攻防で、ウィルキンソンのアッパーを被弾したか、アミルカーニの動きが一気に落ちる。

マウント狙いのウィルキンソンはハーフからパンチを集中させる。アミルカーニは右ワキを差して立ち上がり、リバーサルに成功。直後にマウントを奪ったアミルカーニはしっかりと抑えて右エルボーを連続で落とす。このまま試合はタイムアップを迎え、アルミカーニはダンスから、コーナーマンをスープレックスで投げ捨てるパフォーマンス。ご機嫌のアルミカーニが3‐0の判定勝ちを手にした。

PR
PR

関連記事

Road FC45

HEAT41

Movie