この星の格闘技を追いかける

【JBJJF】全日本マスター2日目=白木大輔が初のペナ級で圧勝。団体優勝はトライフォース

Shiraki【写真】初のペナ級、強さが抜きんでいた白木大輔(C)HIROYUKI KATO

参加者申し込みが殺到し、急遽2日間開催となったJBJJF主催「第10回全日本マスター柔術選手権」。その2日目が21日(日)に東京都台東区の台東リバーサイドスポーツセンターで開催され、階級別トーナメントが行われ熱戦が繰り広げられた。
Text by Hiroyuki Kato

Kimuraまず前日のマスター1無差別を制したカーロス・キムラ(IMPACTO JAPAN B.J.J)が、勢いそのままにフェザー級の階級別でも優勝。準決勝ではアダルト部門でアジアオープンを制している塚田市太郎を絞めで破り、決勝も後藤悠司(一心柔術アカデミー)からバックを奪うなど完勝。日本柔術界のトップグループにいる事を証明した。

本大会最中の区のトーナメントになったのは、35歳以上のマスター2黒帯フェザー級だ。韓国在住の黒帯が2名エントリーし、その屈強なパワースタイルの柔術でキム・ジヨンが決勝に勝ち上がる。反対ブロクからは、自身のジムを開いてから久々の実戦復帰となる白木大輔(CARPE DIEM HOPE)だ。白木は自身初となる70キロまで落としたこともあり、頬がこけているようにも見えたが、その力強さと技術は頭一つ抜けていた。決勝も試合開始早々に背負投げを決めて、一気に腕十字で一本。僅か44秒で優勝を決めた。

Iwamaマスター2黒帯ライト級はTAISHOこと岩間朝美(チームバルボーザジャパン)が、廣瀬貴行(パラエストラTB)と対戦。引き込んだ廣瀬に対し、岩間が圧を掛け続けアドバンを重ねる。終盤に担ぎからサイドを奪い3点。岩間は時間を確認しながらしっかり固める冷静な試合運びで、この階級を制した。

また、40歳以上のマスター3茶帯では、女子の試合も成立。総合、プロレスでも活躍する関友紀子(トライフォース柔術アカデミー)と、村野麻子(CDJJ)が対戦。関が軽快な動きから序盤にパスガードを決めるも、テクニックで上回る村野が徐々にペースを奪い、下からスイープ。バックを奪う途中で落とされてから、村野がもう一度スイープを決めて4-2の逆転勝利。他の階級でもトーナメントが成立するなど、女子柔術家が日本でも増えている証だ。

なお入賞者の人数で争う団体優勝は、各支部を統一して参戦したトライフォース柔術アカデミーが122ポイントで優勝を果たした。

■全日本マスター選手権2日目 主なリザルト

【マスター1黒帯ライトフェザー級】
優勝 木下俊(チームバルボーザジャパン)
準優勝 澤田真琴(DRAGON’S DEN)
3位 大久保康史(Fellows)

【マスター1黒帯フェザー級】
優勝  Carlos Kimura(IMPACTO JAPAN B.J.J)
準優勝 後藤悠司(一心柔術アカデミー)
3位 中塚靖人 (リバーサルジム新宿Me,We)
3位 塚田市太郎 (DAMM FIGHT JAPAN)

【マスター2黒帯フェザー級】
優勝 白木大輔(CARPE DIEM HOPE)
準優勝 キム・ジヨン(パラエストラ川崎)
3位 西林浩平(リバーサルジム新宿Me,We)
3位 紺野直人 (パラエストラ千葉)

【マスター2黒帯ライト級】
優勝 岩間朝美(チームバルボーザジャパン)
準優勝 廣瀬貴行(パラエストラTB)
3位  トシオ・アサダ(IMPACTO JAPAN B.J.J)
3位 キム・クァクジュウ(パラエストラ川崎)

【マスター2黒帯ミドル級】
優勝 サンパイオ・ルイス(IMPACTO JAPAN B.J.J)

【マスター3黒帯ライトフェザー級】
優勝 井田悟 (パラエストラTB)
優勝  Joao Paulo Aires Borras(パラエストラ東京)
3位 吉岡広明(パラエストラ和泉)
3位 岩見充浩(Shuhari 柔術)

【マスター3黒帯フェザー級】
優勝 伊藤正規(ハイブリッドレスリング山田道場)
準優勝 野川賢介(パラエストラ千葉)
3位 吾妻エメルソン(リバーサルジム新宿Me,We)
3位 宇原浩一 (NR柔術)

【マスター3黒帯ライト級】
優勝 山本保則 (パラエストラ千葉)
準優勝 西野大樹(パラエストラ東京)
3位 稲野岳 (トライフォース柔術アカデミー)

【マスター3黒帯ミドル級】
優勝 森修(トライデントジム)

【マスター4黒帯ルースター級】
優勝 正田昭治(ストライプルオハナ)
準優勝 木村太郎(DRAGON’S DEN)

【女子マスター3茶帯ルースター級】
優勝 村野麻子(CDJJ)
準優勝 関友紀子(トライフォース柔術アカデミー)

【団体成績】
優勝 トライフォース柔術アカデミー 122P
準優勝 リバーサルジム新宿Me,We 114P
3位 ストライプルオハナ 110P

PR
PR

関連記事

Tokyo Int JJC

Movie