この星の格闘技を追いかける

【UFN83】削り合い=自らの土壌で川尻達也、ベルムデスに下る──。28-29×3で判定負けに

<フェザー級/5分3R>
デニス・ベルムデス(米国/8位)
Def.3-0:29-28.29-28.29-28
川尻達也(日本/12位)

サウスポーに構え足を使う川尻。最初の接触後、オーソに戻すと飛び蹴りを見せる。ベルムデスは頭を振りながら前に出て右ロー。川尻のスピニングバックフィストは寸でのところで当たらない。回転系の動きを続ける川尻に対し、ベルムデスは真正面に移動して左フックから組んでバックを取る。そのまま川尻の背中に飛び乗ったベルムデスは、前方に落とされそうになると腕を取りに行く。時間を掛けて対処する川尻は、キムラに体重を預けて右の鉄槌を落とす。

ケージにベルムデスを押し込み、キムラを仕掛けるスペースを与えない川尻はクラッチが解けるとヒザの裏を抱えてサイド、立ち上がり際にバックに回ろうとする。胸を合わせたベルムデスをハイクロッチで押し込む川尻。ベルムデスが頭を抑えてくるが、小外掛けで尻餅をつかせる。さらに腰をコントロールする川尻は、もう一度立ち上がり際にベルムデスを倒す。残り30秒、そのまま足を束ねる川尻は最後もベルムデスを抱え上げて崩すなど、その相手の良さを潰し続けた。

2R、右フックを振りながら前に出たベルムデスが右ロー。オーソに構えた川尻は組みついていく。ギロチンにもテイクダウン・アテンプトを続けた川尻だが、頭が外側に出てしまう。ここでパンチを入れたベルムデスが胸を合わせて川尻をケージに押し込む。離れた川尻の右アッパー、スピニングバックフィストは空振りに、続くダブルレッグもスプロールされる。

それでもケージにベルムデスを押し込む川尻、小手を巻いて潰すベルムデスが左のパンチを川尻の顔面に入れる。体を起こした川尻に対し、ベルムデスはケージに左足を掛けて体重を掛けて潰し左のパンチを入れる。泥臭く組み続ける川尻だが、頭が固定されエルボーを頭に落とされ、肩に乗られると足を引き抜かれてバックを取られる。

前方にベルムデスを落とし切れなかった川尻、反応でベルムデスが上回ってきた。足を一本入れて後方からパンチを入れるベルムデスが、両足をフックしにかかる。体を丸めて耐える川尻だが、パンチを受けた状態で2Rを失った。

最終回、ラウンド一つは完全に失い、初回を取ったとしても勝負を賭ける必要がある。フックを振るいながら前に出たベルムデスが、腰をコントロールしてテイクダウンを奪う。背中をケージに移動させ立ちたい川尻はキムラロックへ。これを切ったベルムデスの正面に回った川尻は、左ワキを差しシングルレッグへ移行する。頭を押され、ダブルに切り替えるが腕が伸びて、足が出ないため立ち上がる。

ケージを背にした川尻、ギロチンを抜けたベルムデスが押し込んでくる。いなしてヒザを見せた川尻に対し、ベルムデスはスリップ。起き上がり際にギロチンを仕掛けた川尻だったが、ここで頭がすっぽ抜けてしまう。立ち上がり際に後方からベルムデスがハイキック。離れた両者、川尻は右前蹴りもベルムデスはローから左を打ち込む。

組んだベルムデスが大きくリフトし、スラム気味に落としてバックを取る。後方からのヒザはグラウンド状態もレフェリーが流し、立ち上がった川尻に再びヒザ蹴り。さらに胸を合わせに来たところでテイクダウンに成功する。最後にトップを取ったベルムデスが立ち上がって、振りの大きな右を落としたところでタイムアップとなった。

結果、ジャッジ三者とも29-28でベルムデスが判定勝ち。川尻のテイクダウンを中心とした削り合いに対し、ベルムデスも3連敗は避けるべき削り合いで応じ勝ち切った形となった。自らのフィールドで敗れた川尻、もう十分に分かったことながら、UFCの頂きの高さを我々は再確認するしかない──。

PR
PR

関連記事

Arzalet

Road FC43

Movie