この星の格闘技を追いかける

【PXC38】矢地祐介(02)「段階的に目標は達成してきた。次は…」

2013.07.26

Yusuke Yachi

【写真】 一つ一つ、目標を立て実現してきた矢地祐介、次なる目標もそのまま達成できるか。まずは8月9日のPXC、トビー・マイセック戦が新たなスタートとなる(C)MMAPLANET

8月9日(金・現地時間)、グアムのグアム大学フィールズハウスで行われるPXC38でトビー・マイセックと対戦する矢地祐介インタビュー第2弾。

中学3年生でプロMMAファイターになる決意を固めた彼は、大学卒業までプロ修斗でベルトを巻くという目標を達成し、続く目標のためにPXCをその舞台に選んだ。彼の目標は、もちろんUFCにある。

<矢地祐介インタビューPart.01はコチラから>

──プロ練習に参加するようになり、『プロは違う』と思うようなことはありましたか。

「もう、それはスゲェところに来ちゃったと思いました(笑)。最初、プロ練に参加したきっかけは小路(伸亮)さんから『次の対戦相手がお前みたいだから、ちょっと手伝ってよ』って感じだったんです。サウスポーだからだったんですけど、打撃もできないってことでもなかったんで。

ただ、プロ選手とのスパーリングとかは初めてで、まぁ、やられて(笑)。そこから積極的に参加するようになりました。食らいつくので必死でした」

──それから4年ほどで修斗の環太平洋王座を獲得し、そこからPXCで戦おうと思ったのは?

「まずはプロになることが目標でした。最初は高校生の間に全日本アマチュア修斗を獲って、プロになるということを目標にして、それが成ると修斗の新人王を獲ることが目標になりました。それも出来て、次は大学在学中に環太平洋でも世界でも良いので修斗のベルトを獲りたいと思っていたんです。

3月に卒業したんで、去年の11月に環太平洋のベルトを獲れたから、まぁギリ間に合って目標は段階的に達成できているんです」

──大学も卒業し、修斗のベルトの次の目標はどこに設定しているのですか。

「もちろん、UFCです。UFCに出ることもそうだし、出るからにはチャンピオンになりたいと思っています」

──その目標達成までの期間はどのように設定しているのでしょうか。

「あんまり公には言っていないですが、将来的にはボクシングにも興味があるので、26、27歳までにある程度、MMAで結果を残したい――UFCでチャンピオンになりたいです。だから、あと3、4年ですね」

──なるほど、そういう言葉を聞くとやはり時代は変わっていくんだと思ってしまいます。当然、UFCで頂点を目指す過程としてのPXCなのですね。

「世界に向けて――ですね。今、日本で戦っていても自分の階級も、トップ選手は外に出てしまっていて盛り上がっていないですし、(堀口)恭司を見ても分かるように日本で結果を残しても、すぐにUFCに出場できるという状況にもなっていない。それなら、海外で試合をしてみようと思ったんです。

PXCからはUFCやBellatorに出ていく選手もいるみたいなんで。そういう意味では、チャンスが大きいのかと思いました。UFCへ行くまでの海外ならでの難しさなんかも学びたいですね」

──PXCはメジャーへのフィーダーショーだということを十分に理解して活動していますしね。その初舞台からフィリピンからグアムになったことに関して、どのように捉えていますか。

「グアムの方が簡単じゃないですかね。落ち着きやすいですよね」

──対戦相手のトビー・マイセックの印象は?

「BJ・ペンのところの選手ですよね。その試合の映像は見ていないですけど、ダスティン・キムラとも戦っているみたいですね。元はボクサーらしくてパンチは上手いです。手数も多い。向こうの勢いに呑まれないようにしたいですね」

──5月のフィリピン大会だと、PXCフェザー級王座決定トーナメントでしたが、今回はワンマッチ参戦です。

「PXCからはトーナメントは外れてしまうけど、1、2試合とワンマッチで強い選手と組むので、勝てば王座挑戦になるという話を聞かされています。だから別に……」

──王座を巡っては、矢地選手の代役でフィリピン大会に出場したタクミ選手が、ライバルとなりそうです。

「……、それによりマーク・ストリーグルが王座決定戦に出場することになっていますよね?  まぁ、何だかなって感じですけど、フィリピン人だからなんでしょうね。まぁ、ストリーグルも含めベルトを争うぐらいだから強いんでしょうけど、PXCの選手相手には、いけないことはないという風に捉えています。自分のなかでは」

<この項、続く>

PR
PR

関連記事

大会予定(現地時間)

Road FC45

HEAT41

Movie