この星の格闘技を追いかける

【Invicta FC06】コツコツ・ムエタイのカルダーウッド、判定勝ち

2013.07.14

<女子ストロー級/5分3R>
ジョアン・カルダーウッド(英国)
Def.3-0:30-27, 29-28, 29-28
ノーマ・ルエーダ(米国)

軽快にローを見せるカルダーウッド、ルエーダは組みつく機会を伺っているか。ガードも下げ気味で、リラックスしたカルダーウッドはルエーダの前進に左を合せようとし、離れては前蹴りとローを左右から入れる。組みついたルエーダ、一度は押し返されるが、すぐに組み直してケージに押し込んでいく。自ら距離を取り直したルエーダに対し、カルダーウッドが首相撲からヒジを入れる。

ルエーダのシングルレッグをディフェンスし、ヒザを入れるカルダーウッド。左ヒザを入れながらルエーダをケージに押し込み、再び左ヒザをボディに入れる。さらにエルボーにつなげたカルダーウッドは、距離をとってパンチへ。残り1分、左からヒザを突き上げたカルダーウッドが、ケージ際の打撃戦でルエーダを押し込むも、最後の最後にダブルレッグで尻餅をつかされてしまった。

2R、足を使うルエーダを追いかけるカルダーウッド。軽くローや前蹴りを見せ、左ジャブと合せて制空権を支配する。ルエーダは左に回り続けるも、自ら攻撃を仕掛ける場面はほとんど見られない。ローを続けるカルダーウッドは、右ハイを織り交ぜサークリングを止めに掛かる。と一気に距離を詰め、パンチからヒザ、ケージにルエーダを押し込んでヒザを続ける。左ヒザを立てて耐えるルエーダだが、この姿勢では態勢を入れ替えることはできない。

パンチを入れたカルダーウッドが、距離を取り直す。テイクダウン狙いにヒザを合わせるカルダーウッド。と、小外刈りでテイクダウンを仕掛けたルエーダが、カルダーウッドの立ち上がり際に連打を打ち込む。ルエーダのスピニングバックフィストをかわし、前進にヒザを入れたカルダーウッド、終盤こそ攻めを許したが、ほぼ間合いを制したラウンドだった。

最終回、左右にサークリングを見せるルエーダにカルダーウッドが右ハイを見せるも、直後のシングルでテイクダウンを奪われる。ケージ際まで移動し、背中をつけて立ち上がるカルダーウッドを倒し切れないルエーダ。体を起こすと、顔面にエルボーを被弾する。ケージを背にしたままのカルダーウッドをルエーダはダブルレッグダイブでテイクダウン。直後にカルダーウッドが腕十字へ。体重を預けるルエーダ、後方回転で腕十字を完成させたいカルダーウッドだが、そのままの態勢をキープし時間の経過を待っているか。

腕十字というよりもルエーダが、カルダーウッドの足を抱えるという展開が続き、残り20秒でブレイクが掛かる。前に出てロー、足を掴んでタイナーを見せたカルダーウッドがタイムアップとともにガッツポーズを見せた。結果、カルダーウッドが3-0の判定勝ちをおさめ、デビュー以来の戦績を7連勝に伸ばした。

PR
PR

関連記事

大会予定(現地時間)

Road FC45

HEAT41

Movie