この星の格闘技を追いかける

【WSOF26】KOパンチ封印?? ドゥグルバゴフがテイクダウン&トップキープでヘロンウェブ破る

<ライト級/5分3R>
オジー・ドゥグルバゴフ(米国)
Def.3-0:30-27.30-27.30-27
ニック・ヘロンウェブ(米国)

スイッチヒッターのドゥグルバゴフがサウスポーで構え右サイドキックから後ろ回し蹴り、さらに右フックを放っていく。組み付いたドゥグルバゴフは、ヘロンウェブがヒザを立ててムエタイ流の防御を見せるも、右腕を差し上げてテイクダウンに成功する。ハーフを取ったドゥグルバゴフが左のパウンド、ヘロンウェブがフルガードに戻す。すでに左目の周囲をカットしているヘロンウェブをしっかりと抑えたドゥグルバゴフだが、残り1分を切ってレフェリーがブレイクを命じる。トクターチェックが行われたにもかかわらず、普通にスタンド戦で再開となり、ドゥグルバゴフがスピニングバックキック。右フックで前に出たドゥグルバゴフが左アッパーを繰り出し初回を優性に進めた。

2R、ヘロンウェブの前進に豪快なロングフックを見せたドゥグルバゴフだが、フロンウェブがテイクダウンに成功も、即リバーサルを許してしまう。ここもガードの中から胸をつけてトップをキープするドゥグルバゴフにレフェリーから「攻めろ」という注意が入り、ブレイク→スタンドで再開に。右ストレート見せながら組んだドゥグルバゴフは、大内刈りでテイクダウン。ヘロンウェブはラバーガードも、ドゥグルバゴフ前方に肩を入れ潰し背中をマットにつけたまま2R終了を迎えた。

最終回、ドゥグルバゴフは右ストレートを2発、ヘロンウェブも左を返す。飛び込んで右アッパーを伸ばしたドゥグルバゴフは距離が近づくと左ミドルから右フックを振るうも、ヘロンウェブの頭が右目の辺りに当たってしまい試合が中断される。再開後、バックキックをボディに入れ直後にテイクダウンをドゥグルバゴフが決める。ガードワークこそ駆使しようとするが、立ち上がる方向にもっていけないヘロンウェブに対し、ドゥグルバゴフが左足を抜いたハーフから細かいパンチを顔面に入れる。

足を戻したヘロンウェブ、レフェリーはここでも試合を止めてスタンドへ。直後にダブルレッグを決めたドゥグルバゴフに対し、ヘロンウェブが抑え込まれる展開が続く。ヘロンウェブは逆転を掛けてキムラロックへ。ここでタイムアップとなり、ドゥグルバゴフがフルマークの判定勝ちを収めた。

PR
PR

関連記事

大会予定(現地時間)

Arzalet

Road FC43

Movie