この星の格闘技を追いかける

【REAL03】金子もマスト判定絡みで、ZUZUにスプリット判定勝利

<スーパーライト級T1回戦/5分2R>
金子優太(日本)
Def.2-1:20-19.20-20(マスト判定 金子).19-20
ZUZU(北マリアナ諸島)

左ジャブを伸ばす金子が左ロー。ZUZUはパンチを振るって組みつき、パンチを入れて離れる。右フックを放ったZUZU。寝技を選択した金子はヒールフックを仕掛ける。頭を抱えてディフェンスするZUZUがパンチを入れて立ち上がる。左を伸ばすZUZUは、ここでも組みに。投げを狙った金子を潰してトップを取ると左のパンチを入れていく。ケージを背にして立ち上がった金子はZUZUの蹴り足をキャッチしてテイクダウンも、上を取り返されケージを背負った状態でボディにヒザを受ける。

立ち上がった金子は右をヒット、左ボディストレートを伸ばすも直後にはハイキックを当てられそうになる。ZUZUが右を見せ、金子がテイクダウン狙いで組みついたところで初回が終了した。

2R、左ミドルを入れたZUZU。金子は左ボディストレートを決める。ZUZUはローから右を顔面に打ち込み、中間距離の打撃戦をリードする。続いて右ストレートを打ち込んだZUZUだが、組みに行くところで左右のフックを被弾する。左ストレート&左ミドルをヒットした金子は、ここで慎重になり手数が出ない。ZUZUは左ボディフックも組んだ金子がバックに回る。胸を合わせて立ち上がったZUZUはシングルへ。これを潰した金子が乗りすぎながらバックを取る。落とされ、トップを譲った金子に対しZUZUがパウンドを落としながら試合終了の合図を聞いた。結果、2‐1で金子が勝利した。

PR
PR

関連記事

Arzalet

Movie