この星の格闘技を追いかける

【PXC50】村元友太郎、堂々のスプリット判定。11勝2敗のシェーン・アルバレスにスクランブル勝ち

<フライ級/5分3R>
村元友太郎(日本)
Def.2-1
シェーン・アルバレス(北マリアナ諸島)

パンチを振るって前に出る村元が、ボディロックからテイクダウンに成功する。首を抱えるアルバレスだが、村元は反対側に回ってこれを無力化させる。ハーフで抑え、ヒジを押し付ける村元に対し、アルバレスはケージを蹴ってスイープ&バックを窺う。クローズドに戻したアルバレスに村元は右のパンチを連続で落とし、左につなげる。村元は胸を合わせてスペースを与えずパンチを落としてトップをキープ。やや背中が伸びすぎた感のある村元にスイープを仕掛けるアルバレスは、背中をベタッとマットにつけた状態が続く。

アルバレスが左ワキを差し、バタフライガードに出てもしっかりと潰していく村元。アルバレスはスイープ&バックからアームロックへ。左腕をキムラロックされ、そのままマウントを落とされた村元だが、背中を譲ってすぐに胸を合わせてトップを奪い返す。左右のパウンドを落とす村元が初回を取った。

2R、飛び込んでダブルレッグで早々に村元がテイクダウンを奪う。アルバレスはバタフライからクローズドに。アルバレスは頭部にエルボーを放っていく。村元は左右のパンチを振るうも、その勢いは下のアルバレスの方が強い。スラッピーなパウンドになってしまった村元は、ケージに押し込んで軌道修正、左のパウンドを落とす。シンガードのアルバレスに村元は右のパウンドを入れる。蹴り上げで立ち上がらされた村元は、勢いよく飛び込んでパウンドへ。アルバレスが左ワキを差してテイクダウンからバックマウント、村元はここでもすぐに胸を合わせる。

スクランブルからバックを制した村元は、アームロックを潰してパンチを続ける。さらにヒザをボディにいれた村元だったが、腕を巻き込まれるようにスイープを許す。サイドを取ったアルバレスが頭を跨いでアームロックへ。これを防いだ村元が立ち上がってテイクダウンを狙う。スプロールしたアルバレスのシングルを潰した村元だが、バックを許しパンチから両足をフックされる。村元はまたも胸を合わせてトップを取ってパウンドを落とす。ここで2Rが終了、よほどのことがない限り村元がラウンドを連続で取ったと思われる。

3R、疲れの目立つアルバレスの後ろ回し蹴りを潰して村元がトップ奪取。そのままパスした村元だが、アルバレスがすぐに足を戻す。上下から粗いパンチを入れ合う両者。アルバレスのキムラを察知した村元は腕を抜いて右のパウンドを落とす。しっかりとトップをキープする村元はスクランブルのなかでバックからRNCへ。足のフックの無い状態でタイトに絞める村元だったが、ここではアルバレスが胸を合わせてここを逃れる。

パスに成功したアルバレスは村元のブリッジを潰して左の鉄槌を落とす。足を畳んでレッグドラッグ気味に抑えて強烈な右を入れるアルバレス。立ち上がった村元はスイッチからバックに回ろうとしたが、アルバレスが胸を合わせてダブルレッグでテイクダウンに成功する。村元はスイッチからバックへ。頭を抱えるアルバレスにパンチを入れる。

最後のスクランブルの状態でも、村元がテイクダウンを決めたところでタイムアップに。両手を高々と掲げた村元。キャリア4戦目で11勝2敗のアルバレスを破ったと思われるが──果たして裁定はスプリットながら村元の判定勝ち。実際、30-27のフルマークでもおかしくない勝利に村元は、「素晴らしく強い選手なので、自分の得意であるスクランブル合戦に持ち込んでトップをキープしてTKO勝ちするという練習をずっとしてきました。PXCに参戦するからにはベルトを狙っていきたいので、ぜひ強い選手を叩かせてください」と堂々のインタビューの受け答えを見せた。

PR
PR

関連記事

大会予定(現地時間)

Arzalet

Road FC43

Movie