この星の格闘技を追いかける

【WSOF03】カール、圧勝。スティール、成す術なくタップ

2013.06.15

Carl vs Steele

【写真】この態勢から自らの右側に回転し、チョークを極めたカール(C)GONGKAKTOGI

<ウェルター級/5分3R>
スティーブ・カール(米国)
Def.1R1分32秒byリアネイキドチョーク
タイソン・スティール(カナダ)

10勝1敗のタイソン・スティールと16勝3敗のスティーブ・カールの一戦。タイソンがまず前蹴りを見せ、サイドキックを連打する。カールは距離をとって、ブロックすると一気に距離を詰めてワンツーを打ち込む。ガードの低いカールだが、後に体重が残ったスティールの蹴りでは、さほどダメージもないのか、構わず距離を詰めていくと左から右を打ち込む。さらにカールはサイドキックの打ち終わりに右ストレートを合せ、左ミドルを蹴り込む。

慌てふためいたスティールがシングルレッグを仕掛けると、倒されながらも頭を潰して立ち上がりパウンドを落すカール。引き続きスティールが頭を突っ込んでくると、これをすかして首の下に腕を回してバックへ。カールはそのまま自ら右側に回転。仰向けになった時点でチョークが深く差しこんでおり、スティールは敢え無くタップした。

PR
PR

関連記事

Movie

JBJJF ALL JAPAN