この星の格闘技を追いかける

【UFN78】ペルー人エンリケ・バルゾラがTUFラテンアメリカ02ライト級ウィナーに

<TUF Latin America02ライト級T決勝/5分3R>
エンリケ・バルゾラ(ペルー)
Def.3-0:30-26.30-27.30-27
ホラシオ・グティエレス(メキシコ)

体格で優るグティエレスがオクタゴン中央に陣取り、その周囲を回るバルゾラが遠い距離から右ハイを見せる。グティエレスのワンツーに、バルゾラは右オーバーハンドを返す。グティエレスは連続で右ローを蹴り込むと、右ストレートをヒット。さらに右ローを重ね、バルゾラのテイクダウン狙いを切る。グティエレスのワンツーにテイクダウンを合わせたバルゾラがバックコントロールからパンチを連続で入れる。グティエレスはキムラフックで切り返せないと見るや胸を合わせていくも、ここでバルゾラがテイクダウンを完成させる。

ガードを強いられるグティエレスのボディを攻めるバルゾラは、スイープ狙いからスクランブルももう一度ボディロックからテイクダウンを取り直す。足を払って右のパウンドを落としたバルゾラが3つのテイクダウンもあり初回を取った。

2R、グティエレスの右ローにテイクダウンを合わせたバルゾラが先制。細かいパンチ&エルボーに続き、腰を上げて右のパウンドを落とす。立ち上がるスペースもあるなか、グティエレスが草刈スイープを狙うが、バルゾラが察知して胸を合わせていく。このままトップキープを続けたバルゾラに対し、グティエレスは蹴り上げを見せるぐらいで仕掛けらしい仕掛けはない。ハーフから潜ろうとするグティエレスにエルボーを落としたバルゾラが頭を跨いで腕関節──と思いきや、最後までパンチに集中し2Rを圧倒した。

最終回、ここまで2Rを取ったバルゾラはスタミナをロスし、肩で息をしている。打撃で追い込みたいグティエレスだったが、1分を経過した頃に簡単にテイクダウンを許してしまう。ボディから顔面にパウンドを落とすバルゾラは、三角絞めを防いで離れるや即体重を掛けたパウンドを落とす。パンチを間断なく落とすバルゾラが、試合を一方的に支配。グティエレスは顔面をガードして頭をずらして防御に徹する。こすりつけるようなエルボー、腰を上げて左右のパンチを打ち込むバルゾラがグティエレスの最後の抵抗、腕十字のトライを2度に渡り潰してTUFラテンアメリカ02ライト級を制した。

PR
PR

関連記事

大会予定(現地時間)

Arzalet

Road FC43

Movie