この星の格闘技を追いかける

【UFN77】打撃を支配。ケースがカブラルとの接戦制して、判定勝ち

<ライト級/5分3R>
ジョニー・ケース(米国)
Def.3-0:29-28.29-28.29-28
ヤン・カブラル(ブラジル)

左ジャブを伸ばし、右ローを蹴り込むケース。カブラルも右ストレートを返す。スイッチを織り交ぜて戦うケースに対し、カブラルは組んで引き込む。立ち上がったケースに続き、カブラルもスタンドに戻ると、シングルレッグへ。足を取られながらパンチを入れたケースだが、腰を取られてテイクダウンを許す。サイドをハーフに戻されたカブラルは、リバーサルを許してしまう。

それでもボディロックから上を取り返したカブラルがフックガードを越えてパスに成功。サイドから上四方、反対側に回ったカブラルがキムラを仕掛ける。カブラルは上四方に回り頭を跨ぐが、ケースはシングルからスクランブルに持ち込んでスタンドに戻った。

2R、ケースがジャブ、右ロー、そして左ミドルを繰り出す。回るカブラルはスピニングバックエルボー。笑顔を見せたケースはミドルハイ、カブラルも右ストレートを伸ばす。ローのフェイクに反応するカブラルに対し、ケースは左ミドルを蹴り込む。続いて右ボディを入れると、右ジャブから左ストレートのコンビネーションを被弾したカブラルがダウン。ケースは思い切りパウンドを落とし、カブラルの仕掛けには離れてスタンドで待ち受ける。

寝技を求めるあまりか、バランスを崩しやすいカブラルに対し、ケースは右ストレートを顔面に打ち込む。サウスポーから左も見せるケースはテイクダウン狙いをスプロールして、ワンツーから左右のミドルを蹴り込む。アイポークがあったとアピールするカブラル、レフェリーは続行を命じ、ケースがスタンドで攻勢を握ったラウンドとなった。

最終回、左を入れて距離を詰めるケースは、ダブルレッグでケージに押し込まれると、ボディロックからバックを許す。即RNCの態勢に入ったカブラルは肩固めの機会も窺う。背中を預けた立ち上がったケースは胸を合わせることができず、前方回転でワンフックを許してしまう。

ケージウォークにも両足をフックしたカブラルのRNCにサムアップを見せるケースだが、ポジションを取られて厳しい展開が続く。残り1分10秒で胸を合わせたケースは腕十字を防いで、トップを奪取。細かい左エルボーを落とし、右のパンチを顔面に入れる。ケージを蹴ってスイープを狙うカブラルのバック回ったケースがパンチを入れ、立ち上がったところでも後方からパンチを放ちタイムアップに。

2Rは絶対的にケース。3Rもまずはカブラル。初回をジャッジがどのように判断するか。結果、ジャッジ3者とも29‐28でケースがカブラルを退けた。

PR
PR

関連記事

Arzalet

Road FC43

Movie