この星の格闘技を追いかける

【Pancrase271】ボディ効かされたヤマニハがスプリット判定勝利

Yamaniha【写真】最終回は劣勢だったヤマニハだが逃げ切る形でスプリット判定勝ちとなった(C)MMAPLANET

<バンタム級/3分3R>
ヒロ・ヤマニハ(ブラジル)
Def.2-1:29-28,29-28,28-29
合島大樹(日本)

ワンツー、左ローから組みついたヤマニハがケージに合島を押し込む。シングルレッグでテイクダウンに成功したヤマニハ。足を払ってパス狙いからバックに回りこむも、前方に落とされる。ここから三角や腕十字を狙うも合島もしっかりと防御し、終盤にはパウンドを落とした。

2R、ヤマニハは右ローから左ミドル、合島が前に出てくると右ストレートを合わせる。しかし、ローが急所に入り試合が中断。再開後、前に出る合島が右を振るいプレッシャーを与えると、右ストレートをヒットさせる。ヤマニハはシングルでドライブしテイクダウンに成功。すぐに合島のスイープ狙いから試合がスタンドに戻ると、今度はダブルレッグへ。スプロールした合島が逆に金網に押し込んでラウンド終了となった。

最終回、ヤマニハが右を放って、ローもキレはやや鈍いか。それでも左フックを放つヤマニハだが、合島の左ボディが効いた風にも見える。ヤマニハは左ジャブも勢いが落ち、ボディからワンツーを被弾する。残り1分、圧力を掛けて前に出る合島に対し、ヤマニハはテイクダウン狙いも極めきれない。2R以降は下がる場面が多くなったヤマニハに対し、決定的なシーンはなかったが打撃の手数で上回った合島だが、果たして。

ジャッジの結果はスプリットでヤマニハが勝利を収めた。

PR
PR

関連記事

Arzalet

Road FC43

Movie